アテナ、オラクルのクラウド製品群でデジタルマーケティングを推進 [事例]

[2016/10/21 18:35] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

日本オラクルは10月21日、アテナがクラウドベースの顧客管理・営業支援クラウド「Oracle Sales Cloud」と、マーケティングオートメーション(MA)製品「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」を採用したと発表した。

ダイレクトマーケティング分野のアウトソ-ス事業を主とするアテナでは、これまで、クラウドベースの営業管理システムと、独自開発の顧客マスタデータ管理システムを組み合わせて運用していた。だが、顧客データは名刺や展示会の登録情報などさまざまなチャネルから登録されるため、手作業でクレンジングとデータ統合を行わねばならないことが課題視されていた。

また、デジタルデータを活用した営業活動へのニーズも高まっていたこともあり、営業管理システムと円滑に連携でき、開発コストを抑えられる顧客マスタデータ管理の仕組みを検討。Oracle Sales Cloudの顧客データ管理ソリューション「Oracle Customer Data Hub (CDH)」と、Oracle Marketing Automationを採用した。

これにより、見込み客がメールやWebサイトなどに反応することで得られた特定サービスへの興味・関心などのデータと、既存の顧客データを名寄せされた状態でマスタデータとして管理できる。また、統合・クレンジングされた顧客データを活用してキャンペーンの案内などを行い、より確度の高い案件を営業に伝える仕組みを実現するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

1991
2
アテナ、オラクルのクラウド製品群でデジタルマーケティングを推進 [事例]
日本オラクルは10月21日、アテナがクラウドベースの顧客管理・営業支援クラウド「Oracle Sales Cloud」と、マーケティングオートメーション(MA)製品「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは10月21日、アテナがクラウドベースの顧客管理・営業支援クラウド「Oracle Sales Cloud」と、マーケティングオートメーション(MA)製品「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」を採用したと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る