マイナビニュースマイナビ

花王が挑むマーケティング基盤構築 - 直面した「当たり前の課題」とは?

[2016/10/21 08:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

花王がブランドサイトのプラットフォーム移行を急いだワケ

続いて登壇した田中氏は、AEMを導入したプラットフォーム構築の成果について語った。

花王 デジタルマーケティングセンター コミュニケーション技術室 マネジャー 田中剛氏

田中氏はまず、「ユーザーのモバイル利用が拡大し、企業はあらゆる接点においてコミュニケーションを最適化する必要に迫られています」と現状を分析。その上で「環境の変化に適応するためのプラットフォームとして、AEMを選択しました。社内外のさまざまな関係やサイトの在り方を整理し、パラダイムを変えていく必要があると考えています」と同社の指針を示した。

同社が急ぐのが、各ブランドサイトのモバイル対応だ。その裏にはユーザーがモバイルフレンドリーな環境に慣れており、「対応していて当たり前」という意識を持っていることがある。

田中氏は「個人でもコーディングなしでWebサイトを構築できる時代であり、半日あれば(ECサイトの)カートまで制作可能なサービスすらあります。それに比べて企業サイトは遅れていると言えます」と指摘する。

花王の各ブランドサイトでも近年、モバイルからのアクセス数がPCからのアクセス数を上回っており、PCよりもモバイルへの対応を優先させなければならない状況にあるという。

一方で、Webページ制作に必要な技術の難易度が年々高まっていることは課題であり、移行によるHTMLコーディングのコストはなるべく抑えたいという思いもある。

そこで花王が選んだのがAEMだったというわけだ。

>> サイト制作から見えてきた「2つの課題」

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ストーリーに乗せたエクスペリエンスこそすべて - Adobe Forum基調講演

ストーリーに乗せたエクスペリエンスこそすべて - Adobe Forum基調講演

アドビシステムズは27日、カスタマー・エクスペリエンスに関するカンファレンス「Adobe Marketing Cloud Customer Experience Forum 2016」を都内で開催した。当日はAdobe製品担当者やパートナー企業によるセッションが行われ、デジタル時代のカスタマー・エクスペリエンスに関する取り組み事例が多数紹介された。本稿では基…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る