【連載】

にわか管理者のためのWindows Server 2012入門

【第18回】DNSレコードの登録・削除・設定変更(1)

[2013/04/22 09:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • サーバ

サーバ/ストレージ

過去2回にわたり、DNSサーバに対する前方参照ゾーンの追加・削除と逆引き参照ゾーンの追加・削除について解説してきた。今回と次回の2回に分けて、それらのゾーンにレコードを登録・変更・削除する作業について解説する。

DNSレコードの種類と意味

DNSサーバが「仕事」をするには、参照すべき情報を持つ必要があり、それをレコードと呼んでいる。すでに述べてきているように、主なレコードの種類として以下のものがある。

・Aレコード : 正引き(ホスト名から、対応するIPアドレスを調べること)に使用する。IPv4用。前方参照ゾーンに登録
・AAAAレコード : 正引き(ホスト名から、対応するIPアドレスを調べること)に使用する。IPv6用で「クアッド・エー・レコード」と読む。前方参照ゾーンに登録
・SOAレコード : ゾーンの特性やデータの属性を定義する。前方参照ゾーンに登録
・MXレコード : ドメイン名とメールサーバの対応を定義する。前方参照ゾーンに登録
・CNAMEレコード : 既存のAレコードに対して別名を定義する。前方参照ゾーンに登録
・PTRレコード : 逆引き(IPアドレスからホスト名を調べること)に使用する。逆引き参照ゾーンに登録

このうちユーザーが手作業で登録しなければならないことが多いのは、SOAレコード以外のものだ。

LANでActive Directoryを運用している場合、AレコードやPTRレコードについては動的更新機能によって、クライアントPCが自動的に情報を送ってきて登録するようになっている(クライアントPC側で、明示的に動的更新の機能を無効化している場合を除く)。動的更新によらずに手作業で登録することもできるが、それは固定IPアドレスを割り当てたコンピュータに限られるだろう。

このほか、WindowsサーバのDHCPサーバ機能を利用している場合、それがクライアントPCにIPアドレスをリースしたときに、同じ情報をDNSサーバに送ってくるルートがある。こうすることで、リースしたIPアドレスとコンピュータ名の対応に一貫性を持たせている。もっとも、これが必要になるのは、クライアントPCがDNS動的更新に対応していない古いOSを使用している場合に限られる。Windowsでいうと、Windows 9x/NT以前のバージョンが該当する。

MXレコードやCNAMEレコードは自動的に登録することはないので、必要に応じてユーザーが手作業で登録することになる。

AレコードとPTRレコードの一括登録

まず、正引き用のAレコードと、それと対をなす逆引き用のPTRレコードを一度に登録する際の手順について解説する。

個別に登録することもできるが、矛盾のない登録を行うには一括登録の方が好ましい。ただし、一括登録を行うには逆引き参照ゾーンが存在していなければならない。

  1. [サーバーマネージャー]の[ツール]メニューから、[DNSマネージャー]管理ツールを起動する。

  2. 左側のツリー画面で[前方参照ゾーン]を選択してから、[操作]-[新しいホスト(AまたはAAAA)]、あるいは右クリックして[新しいホスト(AまたはAAAA)]を選択する。

  3. 続いて表示するダイアログで、ホスト名とIPアドレスを指定する。ホスト名はFQDNではなく、「名前」の部分だけを指定するので、たとえば「artemis.foo.local」ではなく「artemis」となる。

  4. 同じダイアログで、[関連付けられたポインタ(PTR)レコードを作成する]チェックボックスがオンになっているかどうかを確認して、オフになっている場合にはオンに変更する。こうすることで、Aレコードに加えてPTRレコードを一括登録できる。ただしこれを行うには、作成場所となる逆引き参照ゾーンを事前に作成しておかなければならない。

  5. [ホストの追加]をクリックすると、レコードを登録する。追加後もダイアログはそのまま表示しているので、引き続き、別のホストの情報を登録できる。追加登録を行わない場合には、[完了]をクリックしてダイアログを閉じる。

対象ゾーンを選択してから、[操作]-[新しいホスト(AまたはAAAA)]を選択する

ホスト名とIPアドレスを指定する。[関連付けられたポインタ(PTR)レコードを作成する]チェックボックスをオンにすると、PTRレコードも一括登録できる

PTRレコードの単独登録

一括登録を行っていなかった、あるいはAレコードを登録する時点で逆引き参照ゾーンを作っていなかったときには、別途、PTRレコードだけを手作業で登録する必要がある。

  1. [サーバーマネージャー]の[ツール]メニューから、[DNSマネージャー]管理ツールを起動する。

  2. 左側のツリー画面で[前方参照ゾーン]を選択してから、[操作]-[新しいポインター(PTR)]、あるいは右クリックして[新しいポインター(PTR)]を選択する。

  3. 続いて表示するダイアログで、IPアドレスのうちホストアドレス部の数値と、対応するホスト名を指定する。このとき、ホスト名はFQDNで指定する点がAレコードと異なるので注意が必要だ。たとえば「artemis」ではなく「artemis.foo.local」となる。なお、対応するホストのAレコードを先に登録してあれば、[参照]をクリックすると表示するダイアログで選択することもできる。

  4. [OK]をクリックすると、レコードを登録する。

PTRレコードの登録画面。IPアドレスとホスト名(FQDN)を指定する

[参照]をクリックすると表示するダイアログは、[ホスト名]の入力に利用する

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
979
2
【連載】にわか管理者のためのWindows Server 2012入門 [18] DNSレコードの登録・削除・設定変更(1)
過去2回にわたり、DNSサーバに対する前方参照ゾーンの追加・削除と逆引き参照ゾーンの追加・削除について解説してきた。今回と次回の2回に分けて、それらのゾーンにレコードを登録・変更・削除する作業について解説する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/15/windows_server_2012/18_index.jpg
過去2回にわたり、DNSサーバに対する前方参照ゾーンの追加・削除と逆引き参照ゾーンの追加・削除について解説してきた。今回と次回の2回に分けて、それらのゾーンにレコードを登録・変更・削除する作業について解説する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る