【連載】

にわか管理者のためのWindowsサーバ入門

【第78回】PPTP/SSTPクライアントの設定(1)

[2012/03/13 08:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • サーバ

サーバ/ストレージ

今回はVPNの締めくくりとして、PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)/SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)クライアントの設定を取り上げる。いずれも、ダイヤルアップ接続と同じ要領で接続設定を作成・登録するのだが、プロトコルが自動選択になっているため、プロトコルを明示的に指定する手順も紹介しよう。

なお、すでにインターネットに接続しているという前提で解説を進める。インターネットにダイヤルアップ接続する場合は、そのための設定と接続の作業を別途、必要とする点に留意されたい。

Windows Vista/Windows 7の場合

Windows VistaとWindows 7でPPTP/SSTP接続を行う際の手順は以下の通りだ。

(1) [ネットワークと共有センター]左側のタスク画面で[接続またはネットワークのセットアップ]、あるいは[ネットワークと共有センター]で[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックする。

(2)接続オプションの選択画面を表示する。そこで[職場に接続します]を選択して[次へ]をクリックする。

VPN接続では、まず[職場に接続します]を選択する

(3) すでに接続設定が存在する場合は、次の画面で[既存の接続を使用しますか?]と訊ねてくるので、[いいえ、新しい接続を作成します]を選択して[次へ]をクリックする。

既存の接続設定は使用せず、新規作成する

(4)次の画面で[インターネット接続(VPN)を使用します]と[直接ダイヤルします]のいずれかを選択するよう求めてくるので、前者を選択して続行する。

リモートアクセスVPNでは、[インターネット接続(VPN)を使用します]を選択する

(5)次の画面で、インターネット アドレス(接続先VPNゲートウェイのホスト名またはIPアドレス)と、接続先に付ける名前を指定する。SSTPを使用する場合、サーバ証明書を作成する際に指定したものと同じホスト名を指定しなければ接続できない点に注意したい。このほか、スマートカード使用の有無、接続設定を他のユーザーと共用するか、今は接続しないで接続設定だけを作成するよう指示するといった指定も行える。

接続先のVPNゲートウェイを、ホスト名かIPアドレスで指定する

(6)次の画面で、接続時の認証に使用するユーザーID、パスワード、ドメインを指定する。[パスワードの文字を表示する]チェックボックスをオンにすると、「●●●●」とする代わりにそのまま表示する。

次の画面で、ユーザーID、パスワード、ドメイン名を指定する

(7)[接続]をクリックすると、接続設定の作成と接続操作を開始する。ただし、先の画面で[今は接続しない...]を選択していた場合は、[接続]の代わりに[作成]ボタンを表示する。それをクリックすると接続設定の作成だけを行い、その旨を表示する。

(8)接続を指示したにもかかわらず接続できない場合は、接続操作を行っている画面で[スキップ]をクリックする。この操作を行うと画面が切り替わり、[再実行します][問題を診断します][接続をセットアップします]の選択を求める画面になる。[接続をセットアップします]をクリックすると、接続設定を作成するだけで操作を終了する。

こうして作成したリモートアクセスVPN用の接続設定アイコンは、[ネットワークと共有センター]左側のタスク画面で[ネットワーク接続の管理]をクリックすると表示するウィンドウに現れる。作成した接続設定で右クリックして[ショートカットの作成]を選択すると、デスクトップに接続設定のショートカットを登録するので、後で呼び出す作業が楽になって良い。

Windows XPのPPTP接続設定

Windows XPはSSTPに対応していないので、利用できるのはPPTPのみとなる。設定には、ダイヤルアップ接続の設定と同じウィザードを使用するが、途中で選択肢が変わってくる点に注意が必要だ。

(1)[コントロールパネル]-[ネットワークとインターネット接続]-[ネットワーク接続]をクリックする。

(2)左側のタスク画面で、[ネットワークタスク]の下にある[新しい接続を作成する]をクリックする。

(3)[新しい接続ウィザード]が起動する。ウィザード2画面目で[職場のネットワークへ接続する]を選択する。

[職場のネットワークへ接続する]を選択する。間違って、インターネットへの接続を指定しないように注意したい

(4)ウィザード3画面目で、[仮想プライベートネットワーク接続]を選択して続行する。

Windows XPでは、[ダイヤルアップ接続]と[仮想プライベート ネットワーク接続]を選択する画面がある

(5)次の画面で、作成する接続設定につける名前を指定する。

(6)次の画面で、接続先となるVPNゲートウェイをホスト名、あるいはIPアドレスで指定する。

接続先VPNゲートウェイのホスト名、あるいはIPアドレスを指定する

(7)ウィザード最終画面で[完了]をクリックする。以上の手順により、VPN用の接続設定を追加できる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
913
2
【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [78] PPTP/SSTPクライアントの設定(1)
今回はVPNの締めくくりとして、PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)/SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)クライアントの設定を取り上げる。いずれも、ダイヤルアップ接続と同じ要領で接続設定を作成・登録するのだが、プロトコルが自動選択になっているため、プロトコルを明示的に指定する手順も紹介しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/15/windows_server/078_index.jpg
今回はVPNの締めくくりとして、PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)/SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)クライアントの設定を取り上げる。いずれも、ダイヤルアップ接続と同じ要領で接続設定を作成・登録するのだが、プロトコルが自動選択になっているため、プロトコルを明示的に指定する手順も紹介しよう。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る