【連載】

にわか管理者のためのActive Directory入門

【第74回】Active Directoryのアクセス権と制御の委任

[2010/01/12 09:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

ファイルシステムにNTFSを使用していると、ファイルやフォルダにアクセス権を設定できる。同様に、Active DirectoryのOU(Organizational Unit、組織単位)やオブジェクトについてもアクセス権を設定できる。

今回から何回かに分けて、このアクセス権設定と、関連する機能であるOUの管理委任について取り上げていこう。

Active Directory自身のアクセス権設定

Active Directoryでは、オブジェクトごとにアクセス権を設定できるようになっている。ここでいうアクセス権とは、「Active Directoryのオブジェクトを対象として、読み取りや書き込みなどを許すかどうか」という意味を持っている。

たとえば、既定の設定ではオブジェクトの書き込みを行えるのは管理者だけで、一般ユーザーは読み取りしか行えない。そのため、オブジェクトの作成やプロパティ設定の更新を行えるのは管理者だけということになる。

OUに設定したアクセス権については、既定の設定では、そのOUの下に格納したオブジェクトも同じアクセス権設定を継承するようになっている。そのため、アクセス権の設定が異なる複数のOUを用意すると、所属するOUを変更するだけでオブジェクトに対するアクセス権を変更できる。つまり、フォルダにアクセス権を設定することで、そのフォルダに格納するファイルに対しても同じアクセス権設定を継承させるのと同じ考え方だ。

アクセス権設定の手順

Active Directoryのオブジェクトを対象とするアクセス権設定には、[Active Directoryユーザーとコンピュータ]管理ツールを使用する。ただし、初期状態ではアクセス権の設定は行えず、設定変更が必要になる点に注意したい。

  1. [Active Directoryユーザーとコンピュータ]管理ツールを起動したら、まず[表示]メニューの[拡張機能]を選択する。この操作により、オブジェクトのプロパティ画面に[セキュリティ]タブが現れる(既定では表示しない)。

[Active Directoryユーザーとコンピュータ]管理ツールで[表示]メニューの[拡張機能]を選択すると、オブジェクトのプロパティ画面に[セキュリティ]タブが現れる

  1. アクセス権を指定したいオブジェクトを選択して、[操作]-[プロパティ]、あるいは右クリックして[プロパティ]を選択する。

  2. 表示されるプロパティ画面で[セキュリティ]タブに移動する。設定の要領はファイルやフォルダのアクセス権設定と同じで、設定対象になるユーザー、あるいはグループを上のリストに追加してから、下側にあるチェックボックスをオン/オフすることで、選択したユーザー/グループに対するアクセス権を設定する仕組みだ。

アクセス権設定の操作手順は、ファイル/フォルダなどのアクセス権設定画面と同じだ。ただし、設定できる権限の内容は異なる

  1. これもファイル/フォルダと同じだが、[詳細設定]をクリックすると別のダイアログが現れて、さらに細かい設定を行うこともできる。もっとも、通常はそこまで行う必要はないだろう。

[詳細設定]をクリックすると表示するダイアログの[アクセス許可]タブ。さらに詳細なアクセス権設定が可能だが、通常、そこまで行う必要はない

  1. 設定が完了したら、[OK]をクリックしてダイアログを閉じる。
884
2
【連載】にわか管理者のためのActive Directory入門 [74] Active Directoryのアクセス権と制御の委任
今回から何回かに分けて、このアクセス権設定と、関連する機能であるOUの管理委任について取り上げていこう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/14/ad074/index.top.jpg
今回から何回かに分けて、このアクセス権設定と、関連する機能であるOUの管理委任について取り上げていこう。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る