【連載】

にわか管理者のためのWindowsサーバ入門

【第43回】Webサイトの追加

[2011/06/13 08:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • サーバ

サーバ/ストレージ

今回は、Webサイトの追加について取り上げる。ここでいう「Webサイト」とは、一般的にいう「Webサイト」とは意味が異なる。IISの場合、Webコンテンツを公開する際の単位を「サイト」と称しており、初期状態では「C:\Inetpub\wwwroot」に対応する[Default Web Site]または[既定のWebサイト]だけが存在する。

それとは別にWebサイトを追加して、1つのWebサーバで複数のWebサイトを運用することもできるが、宛先IPアドレスあるいは宛先ポート番号をWebサイトごとに分けなければならない。そうしないと、クライアントがどのWebサイトに接続すればよいのかわからないからだ。

最初に設置するWebサイトでは、HTTPの既定値である80番を使うことで宛先ポート番号を省略できる。ところが、2番目以降のサイトは80番以外を使う必要がある。その結果、必然的にURLはホスト名にポート番号を付加したものになる。例えば、IPアドレスを「192.168.0.2」、宛先ポート番号を「8080」にした場合、URLは「http://192.168.0.2:8080/」となるわけだ。

Webサイトの追加が必要な場面

では、どういった場面でWebサイトの追加が必要になるのだろうか?

最もポピュラーな場面は、SSL(Secure Socket Layer)を使用する時だろう。SSLを使用するコンテンツと使用しないコンテンツでWebサイトを分けるという使い方だ。サーバ証明書をインストールしたうえで、SSLを使用するWebサイトでのみSSLを有効にすればよい。

SSLとHTTPの組み合わせ(HTTPS)では、宛先ポート番号の既定値は443番で、HTTPの80番とは異なる。そのため、HTTPを使用するWebサイトとHTTPSを使用するWebサイトを1つずつ配置して共存させる分には、いずれもウェルノウンポートで接続できる。つまり、HTTPなら「http://<ホスト名>/<サブフォルダ名>/<ファイル名>」、HTTPSなら「https://<ホスト名>/<サブフォルダ名>/<ファイル名>」といったURLを指定すればよい。

しかし、3番目以降のWebサイトを追加する場合は、他のサーバ機能と重複しない宛先ポート番号の指定が必須になる。

IIS 6.x編

まず、IIS 6.xでWebサイトを追加する際の手順について解説する。

(1)追加するWebサイトのためにコンテンツフォルダを用意する。既定のWebサイトが使用する「C:\Inetpub\wwwroot」とは独立したフォルダツリーを用意するほうがよいだろう。

(2)IIS管理ツールを起動する。

(3)左側のツリー画面で[(サーバ名)]-[Webサイト]を選択する。

(4)[操作]-[新規作成]-[Webサイト]、あるいは右クリックメニューで[新規作成]-[Webサイト]を選択する。

(5)Webサイトの追加はウィザード形式で行う。まず、Webサイトの名前を指定する。

(6)次に、リッスン対象となるIPアドレスと宛先ポート番号、ホストヘッダーを指定する。ホストヘッダーの既定値は空白で、特に必要がなければそのままでよい。

Webサイトを追加するには、サイト名、対応するフォルダのパス、アクセス権、使用するIPアドレスやポート番号の指定が必要。ポート番号は既存のWebサイトと重複できない点に注意

(7)次に、ホームディレクトリのパスと匿名アクセスの可否を指定する。不特定多数に公開するWebサイトでは、匿名アクセスを認めておかなければ接続不可能になってしまう。

Webサイトはそれぞれ、対応するホームディレクトリのパスを割り当てる必要がある。不特定多数に公開するWebサイトでは、匿名アクセスを認める設定にしておく

(8)次に、アクセス権の設定を行う。読み取り・書き込みなどの可否について指定できるようになっている。また、アプリケーションの実行を認めるかどうかも設定できる。

Webサイトのアクセス権には、読み書きだけでなく、アプリケーション実行の可否も含む

(9)ウィザード最終画面で[完了]をクリックすると、Webサイトを追加する。追加したWebサイトは[(サーバ名)]-[Webサイト]以下に加わり、[既定のWebサイト]と同様にプロパティを変更できる。

なお、こうして追加したWebサイトをツリー画面で選択した状態で、[操作]メニューまたは右クリックメニューを使って削除を指示できる。Webサイトを削除しても、対応するコンテンツフォルダは自動的には消滅しないので、削除する必要があれば別途手作業で行う。これは、この後で解説するIIS 7.xの場合も同様だ。

IIS 7.x編

次に、IIS 7.xでWebサイトを追加する際の手順について解説する。

(1)追加するWebサイトのためにコンテンツフォルダを用意する。既定のWebサイトが使用する「C:\Inetpub\wwwroot」とは独立したフォルダツリーを用意するほうがよいだろう。

(2)IIS管理ツールを起動する。

(3)左側のツリー画面にある[(コンピュータ名)]-[サイト]を選択して、[操作]-[Webサイトの追加]、あるいは右クリックメニューで[Webサイトの追加]を選択する。

[サイト]で右クリックして、[Webサイトの追加]を選択すると、Webサイトを追加できる

(4)続いて表示するダイアログで、Webサイト名、コンテンツディレクトリ(Webコンテンツを配置するフォルダのパス名)、使用するプロトコル(httpまたはhttps)、IPアドレス、宛先ポート番号、ホスト名などの指定を行う。

続いて表示するダイアログで、Webサイト名やコンテンツディレクトリのパスなどを指定する

(5)[OK]をクリックしてダイアログを閉じると、Webサイトを追加する。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
865
2
【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [43] Webサイトの追加
今回はWebサイトの追加について取り上げる。ここでいう「Webサイト」とは、一般的にいう「Webサイト」とは意味が異なる。IISの場合、Webコンテンツを公開する際の単位を「サイト」と称しており、初期状態では「C:\Inetpub\wwwroot」に対応する[Default Web Site]または[既定のWebサイト]だけが存在する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/14/windows_server/043_index.jpg
今回はWebサイトの追加について取り上げる。ここでいう「Webサイト」とは、一般的にいう「Webサイト」とは意味が異なる。IISの場合、Webコンテンツを公開する際の単位を「サイト」と称しており、初期状態では「C:\Inetpub\wwwroot」に対応する[Default Web Site]または[既定のWebサイト]だけが存在する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る