【連載】

にわか管理者のためのWindowsサーバ入門

【第4回】ログオンの手順と基本操作

[2010/08/23 09:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • サーバ

サーバ/ストレージ

今週は、Windows Server 2008の基本操作について解説する。同じWindowsだから、Windows VistaやWindows 7を扱い慣れていれば、戸惑いを覚える場面は少ない。ところが、サーバOSならではの相違点、サーバOSにしかない機能といったものもあるので、なめてかかるとトラブルの元だ。

ログオンの方法とユーザーの切り替え

Windows NT/2000の頃と違い、最近のクライアント用Windowsでは、ログオン時に[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーの押下を要求しないのが既定値になっている。しかし、サーバ系Windowsでは相変わらず、ログオン時に[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーの押下を要求する(詳しい事情は省略するが、セキュリティ上の理由から、こうなっている)。それでいて、Windows Server 2008のログオン画面はWindows Vistaと同じデザインになっている点がややこしい。

ともあれ、Windows Server 2008が起動したら、最初に[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押す。続いて表示するログオン画面では、前回ログオンしたユーザーの名前を表示している。ここで注意したいのはユーザー名の表記で、以下のような違いがある。

  • ユーザー名だけを表示している場合(例 :「KojiI」) : ローカルアカウント(そのコンピュータ自身が管理しているユーザーアカウント)を意味する
  • 「<ドメイン名>\<ユーザー名>」形式で表示している場合(例 :「AD-Domain\KojiI」) : Active Directoryのドメインアカウントを意味する

いいかえれば、ドメインアカウントを使ってログオンするときには、ユーザー名を「<ドメイン名>\<ユーザー名>」形式でで指定しなければならないことになる。

ともあれ、すでに表示されているユーザーアカウントを使ってログオンするのであれば、パスワードを入力してから、[Enter]キーを押すか、パスワード入力用テキストボックスの右側にある[→]をクリックすればよい。

通常は、前回ログオンしたユーザーの名前を表示しているので、パスワードを入力するだけでログオンできる

画面に表示しているものとは異なるユーザーアカウントを使ってログオンするときには、[ユーザーの切り替え]をクリックする。すると、前回のログオンに使用したユーザーとともに[他のユーザー]という選択肢が現れるので、その[他のユーザー]をクリックする。

続いて表示する画面ではユーザー名を入力するテキストボックス、それとパスワードを入力するテキストボックスを表示するので、上のテキストボックスにユーザー名、下のテキストボックスにパスワードを入力してログオンすればよい。もちろん、ドメインアカウントを使用するのであれば、「<ドメイン名>\<ユーザー名>」形式でユーザー名を指定しなければならない。

[ユーザーの切り替え]をクリックすると表示する画面で、[他のユーザー]をクリックする

ログオンに使用するユーザーアカウントの名前と、対応するパスワードを入力してログオンする

なお、Windows Server 2008でも、Windows XP以降のデスクトップ用Windowsと同様に、同時に複数のユーザーがログオンできるようになっている。それには、[スタート]メニューで[ユーザーの切り替え]を選択する。するとログオン画面に戻るので、そこで[他のユーザー]をクリックしてから、ログオンに使用するユーザーアカウントを指定してログオンする。

[スタート]メニューの使い方

Windows Server 2008の[スタート]メニューはおおむね、Windows Vistaと同じデザインになっている。ただし、サーバOSであるから、必要性がないWindows Aero(と、その関連機能)は無効になっている。

サーバ系OSならではの特徴としては、[スタート]メニューの既定の状態で、[管理ツール]を表示している点が挙げられる。コントロールパネルから呼び出す方法もあるが、[スタート]メニューから呼び出す方が手っ取り早くて良い。

なお、管理ツールの多くは、Windows Server 2008から加わった新機能である[サーバーマネージャ]の中で実行することもできる。[サーバーマネージャ]の使い方については追って取り上げる予定だが、現時点ではまだ言及していないので、ここではとりあえず[スタート]-[管理ツール]以下のアイテムを使うものと考えておこう。

利便性では[サーバーマネージャ]の方が上を行くと思うが、実のところ、このツールは動作が少々重い。だから、軽快さを重視すれば[スタート]-[管理ツール]以下から管理ツールを呼び出す方が良い、という考え方も成り立つ。

[スタート]メニューの[管理ツール]以下から管理ツールを起動できる。コントロールパネルから呼び出すよりも手っ取り早い

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
820
2
【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [4] ログオンの手順と基本操作
今週は、Windows Server 2008の基本操作について解説する。同じWindowsだから、Windows VistaやWindows 7を扱い慣れていれば、戸惑いを覚える場面は少ない。ところが、サーバOSならではの相違点、サーバOSにしかない機能といったものもあるので、なめてかかるとトラブルの元だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/13/windows_server/004_index.jpg
今週は、Windows Server 2008の基本操作について解説する。同じWindowsだから、Windows VistaやWindows 7を扱い慣れていれば、戸惑いを覚える場面は少ない。ところが、サーバOSならではの相違点、サーバOSにしかない機能といったものもあるので、なめてかかるとトラブルの元だ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る