【連載】

にわか管理者のためのActive Directory入門

【第65回】管理用テンプレートの追加・削除

[2009/10/19 09:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

GPOが持つポリシー項目のうち、[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]以下、それと[ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]以下の項目は、他の項目と異なり、内容の追加・削除が可能になっている。そこで関わってくるのが、管理用テンプレートだ。今回は、管理用テンプレートの追加、あるいは削除について取り上げよう。

管理用テンプレートの正体

管理用テンプレートで設定できる項目は、Windowsやアプリケーションソフトの設定変更、あるいはレジストリの書き換えでも実現できる。実は、管理用テンプレートの正体はポリシー項目に対応するレジストリ設定の情報を記述したファイルだ。

そして、Windowsサーバがもともと持っている管理用テンプレートだけでなく、特定のソフトウェアに対応する管理用テンプレートを別途配布して、それを使ってグループポリシーによる設定統一を図れるようになっている。

たとえば、Windows Desktop Searchや、Microsoft Office 2000-2003用のOffice 2007互換機能パックなどが、管理用テンプレートを配布しているマイクロソフト製品の一例だ。また、クライアントPCで使用しているWindowsがバージョンアップした場合には、対応する管理用テンプレートを一緒にリリースするようになっている。

Windows 2000 ServerとWindows Server2003では、管理用テンプレートとして拡張子「.adm」を持つテキスト形式ファイルを使用していたが、Windows Server 2008では拡張子「.admx」を持つXML文書ファイルに変更された。ただし、Windows Server 2008で「*.adm」形式の管理用テンプレートを追加することもできる。

管理用テンプレートの追加と削除

管理用テンプレートのファイルは、「%SystemRoot%\inf」フォルダにコピーして利用する。そのため、管理用テンプレートの追加・更新・削除を行う場合には、「%SystemRoot%\inf」フォルダに置かれている管理用テンプレート(「.adm」ファイルと「.admx」ファイル)を事前にバックアップしておく方がよいだろう。

また、グループポリシーの設定を変更してから管理用テンプレートを取り替えると、設定内容に矛盾が生じる可能性がある。そのため、既存の管理用テンプレートを置換する操作は、グループポリシーを使い始める前に行うようお薦めする。

管理用テンプレートを追加/削除する際の基本的な手順は、以下の通りだ。なお、Windows Server 2008で「*.admx」形式の管理用テンプレートを扱う場合、コピー先・ファイルの内容・操作手順が異なるため、この後で解説する内容を参照していただきたい。

  1. 管理用テンプレートのファイルを、ドメインコントローラになっているWindowsサーバの任意のフォルダにコピーする。

  2. GPMCを起動して、任意のGPOを対象としてポリシーエディタを起動する。

  3. 左側のツリー画面を展開して[管理用テンプレート]を選択してから、[操作]メニュー、あるいは右クリックメニューで、[テンプレートの追加と削除]を選択する。

ポリシーエディタの[管理用テンプレート]で右クリックして、[テンプレートの追加と削除]を選択すると、管理用テンプレートの追加・削除が可能になる

  1. 続いて表示するダイアログには、既存の管理用テンプレート一覧を表示している。ここで、[追加]をクリックする。

続いて表示するダイアログで[追加]をクリックすると、管理用テンプレートを追加できる。[削除]は、選択した管理用テンプレートを削除する際に使用する

  1. 続いて表示するダイアログで、追加したい管理用テンプレートのファイル(*.adm)を指定する。

Windows Server 2008でも、従来のWindowsサーバに対応する「*.adm」形式の管理用テンプレートを追加できる

  1. 既存の管理用テンプレートと重複する管理用テンプレートの追加を指示した場合、上書きするかどうかの確認メッセージを表示するので、[はい]をクリックして続行する。

  2. 「4.」で表示するものと同じダイアログで、管理用テンプレートを選択して[削除]をクリックすることで、インストール済みの管理用テンプレートを削除することもできる。

  3. 追加、あるいは削除の操作が終わったら、[閉じる]をクリックする。すると、追加/削除の結果がポリシーエディタに反映される。

なお、Windows Server 2008で「*.adm」形式の管理用テンプレートを追加した場合、追加した管理用テンプレートに対応するポリシー項目は、[従来の管理用テンプレート(ADM)]以下に現れる。通常の[管理用テンプレート]以下ではない点に注意したい。

ポリシーエディタの[管理用テンプレート]で右クリックして、[テンプレートの追加と削除]を選択すると、管理用テンプレートの追加・削除が可能になる。

Windows Server 2008で「*.adm」形式の管理用テンプレートを追加すると、対応するポリシー項目は[従来の管理用テンプレート(ADM)]以下に現れる

Windows Server 2008における仕様変更点と操作手順

Windows Server 2008から導入した「.admx」形式では、言語に関係なく共通する内容を記述した「.admx」ファイルと、言語ごとに異なる情報を記述した「*.adml」ファイルがペアになって動作する。これらのファイルを、以下のフォルダにコピーする。

・*.admxファイル : C:\Windows\PolicyDefinitions
・*.admlファイル : C:\Windows\PolicyDefinitions\\ja-jp

その後で[グループポリシーの管理]管理ツールからGPOの編集を行うと、追加した管理用テンプレートと既存の管理用テンプレートの両方について内容を解析して、ポリシー項目の一覧を生成するようになっている。このとき、必要なファイルが揃っていない場合(たとえば、.admxだけコピーして.admlのコピーを忘れた等)には、エラーメッセージを表示するようになっている。

816
2
【連載】にわか管理者のためのActive Directory入門 [65] 管理用テンプレートの追加・削除
GPOが持つポリシー項目のうち、[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]以下、それと[ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]以下の項目は、他の項目と異なり、内容の追加・削除が可能になっている。そこで関わってくるのが、管理用テンプレートだ。今回は、管理用テンプレートの追加、あるいは削除について取り上げよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/13/ad065/index.top.jpg
GPOが持つポリシー項目のうち、[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]以下、それと[ユーザーの構成]-[管理用テンプレート]以下の項目は、他の項目と異なり、内容の追加・削除が可能になっている。そこで関わってくるのが、管理用テンプレートだ。今回は、管理用テンプレートの追加、あるいは削除について取り上げよう。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る