【連載】

にわか管理者のためのActive Directory入門

【第58回】GPMCの入手とセットアップ[W2K3]

[2009/08/24 09:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

Windows Server 2008から、グループポリシーの管理ツールはGPMC(Group Policy Management Console)が標準になった。また、Windows Server 2003でも、GPMCをダウンロードしてセットアップできる。

GPMCは従来の管理ツールと比較するとGPOとリンクの関係が明確になっているだけでなく、さまざまな新機能が加わって使い勝手が向上している。Windows 2000 Serverでは致し方ないが、Windows Server 2003でもGPMCを利用する方がよいだろう。

まず今週は、GPMCの概要と、入手・インストールの方法について解説する。

GPMCとは

GPMCを当初から標準装備しているWindows Server 2008と違い、Windows Server 2003ではマイクロソフトのWebサイトからダウンロードして、それをセットアップする必要がある。また、Windows XP Professional(SP1以降)と.NET Frameworkを組み合わせた環境でも動作するので、ドメイン管理者権限を持つユーザーアカウントでログオンしていれば、クライアントPCからグループポリシーを遠隔設定することもできる。

GPMCのダウンロードは、このサイトから行える。Microsoftダウンロードセンターで検索する場合、[製品/テクノロジ]を「Windows Server 2003」、[キーワード]を「GPMC」と指定すれば、簡単に見つかるはずだ。

ダウンロードしてきたGPMCのファイルはWindows Installerの「*.msi」ファイルになっているので、それをダブルクリックして実行するとセットアップできる。

GPMCの実行方法と、GPMCでできること

GPMCをセットアップすると、[Active Directoryユーザーとコンピュータ]管理ツールでドメイン、あるいはOUのプロパティ画面に表示していた[グループポリシー]タブは利用できなくなる。つまり、グループポリシーの設定機能はGPMCに一本化される。

GPMCをセットアップすると、[Active Directoryユーザーとコンピュータ]管理ツールによるグループポリシーの設定は行えなくなる

GPMCを実行するには、[スタート]-[管理ツール]-[グループポリシーの管理]を選択すればよい。Windows Server 2008の場合、[サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[機能]以下のツリーに現れる[グループポリシーの管理]でも、GPMCを使用できる。

GPMCは、[Active Directoryユーザーとコンピュータ]管理ツールと同様にGPOの作成・リンク・削除・無効化・名前変更・優先順位変更を行える。それに加えて、GPOのバックアップ・復元・インポート・コピー・適用結果のシミュレートといった機能がある。また、GPOの設定内容を画面に表示したり、HTML文書としてエクスポートしたりすることもできる。

GPMCは、グループポリシーの管理を容易にするための、さまざまな支援機能を備えている。画面例はポリシー設定の内容を表示しているもの

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る