PowerShellGet 3.0 - 使用サンプル

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第97回】PowerShellGet 3.0 - 使用サンプル

[2020/05/04 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

PowerShellGet 3.0 Preview 1を使ってみる

PowerShellGetや現在開発が進められているPowerShellGet 3.0については、本連載でこれまで紹介してきた通りだ。まだそのままプロダクションユースできるところまで仕上がっているとは言えないが、この秋以降にリリースが予定されている正式版の狙いは見えてきたのではないだろうか。

そこで今回は、実際の使い方について簡単に紹介しておきたい。まだ使えない機能もあるので、その辺りについても触れておこうと思う。

PowerShellGet 3.0 Preview 1で使用できるコマンドレット

PowerShellGet 3.0 Preview 1で使用できるコマンドレットは次のように「Get-Command -Module PowerShellGet」で確認できる。

PowerShellGet 3.0 Preview 1で使用できるコマンドレットの一覧表示サンプル

コマンドレット 内容
Find-PSResource PowerShellリソースを登録されているリポジトリから検索(デフォルトではPowerShell Gallery https://www.powershellgallery.com/からの検索となる)
Get-PSResource インストールされているPowerShellリソースの表示
Get-PSResourceRepository 登録されているPowerShellリソースリポジトリの表示
Install-PSResource PowerShellリソースのインストール
Register-PSResourceRepository PowerShellリソースリポジトリの登録
Save-PSResorce 指定されたPowerShellリソースのダウンロードと保存
Set-PSResourceRepository 登録されているPowerShellリソースリポジトリの編集
Uninstall-PSResource インストールされたPowerShellリソースのアンインストール
Unregister-PSResourceRepository 登録されているPowerShellリソースリポジトリの解除
Update-PSResource PowerShellリソースのアップデート

まだそのままでは全て機能するわけではないので、注意しておきたい。

PowerShellリソースのインストール

モジュールやスクリプトといったPowerShellリソースは次のようにInstall-PSResourceコマンドレットでインストールを行う。

Install-PSResourceコマンドレットでPowerShellリソースをインストール

今のところインストール中に何か表示されるといったことはない。動作はとてもシンプルだ。

インストールされているPowerShellリソースの一覧表示

インストールされているPowerShellリソースは、次のようにGet-PSResourceコマンドレットで表示させることができる。引数になにも指定しなければGet-PSResourceコマンドレットはPowerShellGet 3.0経由でインストールされた全てのPowerShellリソースの一覧表示を行う。

Get-PSResourceコマンドレット経由でインストールされたPowerShellリソースを一覧表示

PowerShellリソースのアンインストールサンプル

PowerShellリソースはUninstall-PSResourceコマンドレットでアンインストールできる予定だが、現状では実行しても次のようにエラーが表示される。

Uninstall-PSResourceコマンドレットはエラーを出力

「C:\Program Files\PowerShell\Modules」に指定されたPowerShellリソースが存在しないというエラーなわけだが、確かにその場所を調べても、そもそも対象となるフォルダが存在していない。

Unistall-PSResourceが管理するフォルダにはPowerShellリソースがインストールされていない

インストールされている場所を探すと、ユーザーのホームディレクトリ以下にある「OneDrive\ドキュメント\PowerShell\Modules」にInstall-PSResourceコマンドレットでインストールしたリソースが配置されていることを確認できる。

ホームディレクトリ以下のOneDrive\ドキュメント\PowerShell\ModulesにPowerShellリソースがインストールされている

PowerShellGet 3.0 Preview 1では、インストールしたPowerShellリソースはファイルエクスプローラやシェルなどから直接削除する必要がある。削除後にPowerShell 7.0を再起動すれば、アンインストールされたのと同じような状況になる。

まずは使ってみよう

Uninstall-PSResourceコマンドレットでPowerShellリソースのアンインストールはできないものの、とりあえず削除はできるので現状のままでも試用することはできる。

PowerShellGet 3.0の開発目標のなかに「Linuxのパッケージ管理システムを参考にする」といったものがあるので、最終的にはaptなどのように単一のコマンドレットからサブコマンドを指定して使うかたちのラッパー的な仕組みが導入される可能性もある。PowerShell Galleryがそもそもそれほど活発ではないが、PowerShellGet 3.0の導入とともに活発化していく可能性も考えられるだろう。今後の動向を注目しておきたいところだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る