Windows 10でLinuxを使う (その39) - SUSE/openSUSE 15登場

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第152回】Windows 10でLinuxを使う (その39) - SUSE/openSUSE 15登場

[2018/11/16 10:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

Microsoftストアに新しく「SUSE Linux Enterprise Server 15」と「openSUSE Leap 15」が登場した。それぞれの最新版だ。openSUSE LeapはOSS(オープンソースソフトウェア)として開発が行われているLinuxディストリビューションで、SUSE Linux Enterprise ServerはopenSUSE Leapを使って開発されたエンタープライズ向けのLinuxディストリビューション。どちらもMicrosoftストア経由でインストールできる。

SUSE Linux Enterprise Server 15 / Microsoftストア

openSUSE Leap 15 / Microsoftストア

SUSE Linux Enterprise ServerとopenSUSEは、Windows 10にWSLサポートが追加されてからかなり早い段階で、Microsoftストアに追加されていた。最初に追加されたバージョンは「SUSE Linux Enterprise Server 12」と「openSUSE Leap 42」だったので、今回かなりバージョン番号が変わったことになる。特に、openSUSEのバージョン番号は42から15へと、かなり大きく変更された。

最初に追加されたバージョンと、今回追加されたバージョンはかなり異なる

これは、openSUSE Leap側のバージョン番号をSUSE Linux Enterprise Serverに合わせたことに理由がある。これまでのバージョン番号ではどのバージョンのopenSUSE LeapがSUSE Linux Enterprise Serverのベースになっているかがわかりにくかったが、今回から、どのバージョンがベースになっているのかがわかりやすくなったわけだ。

インストールは、Microsoftストアから実施することになる。一番最初の起動のタイミングで、初期化の実施とユーザーの追加を行うためにプロンプトが表示される。後は、表示される内容に従って処理を進めればインストールは完了だ。

最初の起動時には初期化が行われる

セットアップの終盤でユーザーの追加を実施する

SUSE Enterprise Linux Server 15動作例

WSL (Windows Subsystem for Linux)を利用すると、LinuxバイナリをWindowsカーネルで実行することができる。仮想化機能を使う場合と比べてリソース消費が少なくて済むという利点がある。ただし、現状ではファイルシステムの性能が発揮できないという課題がある。その点については徐々に改善は進められているようだ。

WSLに特化したWLinuxディストリビューション

現在Microsoftストアに登録されているのは、既存のLinuxディストリビューションをWSLに移植したというものだ。これとは趣向が異なり、Windows 10 WSLで動作することを前提としたLinuxディストリビューションとして「WLinux」というものが存在しており、Microsoftストアから購入できるようになっている。

WLinux / Microsoftストア

WSLの動作は、仮想環境での動作やベアメタルでの動作とは前提が異なるところがある。つまり、既存のLinuxディストリビューションでは余計な動作もデフォルトで動作してしまっているし、欲しいソフトウェアが最初から用意されていなかったり、欲しい設定が行われていなかったりする。

WLinuxはこうした点を踏まえ、WSLで動作することを前提として設計/開発されているという特徴がある。Windows 10のWSLでLinuxを本格的に使っていきたいというのであれば、1つの選択肢として魅力的だ。

進化するWSLとLinuxディストリビューション

WindowsでLinuxバイナリを動作させる技術が発表されたとき、多くの開発者は驚きを持ってこのニュースを迎えたのではないかと思う。WSLはバイナリ互換を実現するレイヤー技術で、技術の仕組みや考え方は別段新しいものではない。同じような仕組みでLinuxバイナリを実行できるようにしているOSはほかにいくつも存在している。

しかし、世界中で最も多く使われているWindowsというOSで直接Linuxバイナリが実行できるようになったことには、大きな意義がある。これは、世界中のWindows 10がそのまま潜在的なLinuxプラットフォームになったということだからだ。新しいLinuxディストリビューションは追加され続けており、今後の展開も期待できる。WSLの動向からは、ますます目が離せない。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催。11月1日には同社 主席アナリストの青山浩子氏が登壇し「CIOが理解すべき統合システムの3大インパクト」と題する講演を行った。本稿では、講演の内容をダイジェストでお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る