PowerShell Core 6.1新機能 Type Accelerators、MSIインストールパスほか

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第28回】PowerShell Core 6.1新機能 Type Accelerators、MSIインストールパスほか

[2018/11/23 13:16]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

Type Accelerators

PowerShell Core 6.1には新しく次のType Acceleratorが追加された。ただし、このType AcceleratorはWindowsプラットフォームでのみ機能する。マルチプラットフォームで動作するスクリプトを組む場合にはこれらType Acceleratorを使うことはないと思う。

Type Accelerator 対象
[adsi] System.DirectoryServices.DirectoryEntry
[adsisearcher] System.DirectoryServices.DirectorySearcher
[wmi] System.Management.ManagementObject
[wmiclass] System.Management.ManagementClass
[wmisearcher] System.Management.ManagementObjectSearcher

PowerShell Core 6.1で導入されたType AcceleratorsをWindows 10で試用

Windows以外のプラットフォームでは今回導入されたType Acceleratorは使用できない

今回新しく導入されたType Acceleratorsは特にADオブジェクトやWMIオブジェクトの構築時に便利。なお、Windows以外のプラットフォームでは今回導入されたType Acceleratorは利用できず、上記スクリーンショットのようにエラーが表示される。

MSIインストールパス

PowerShwll Core 6.1からはMSIパッケージでWindowsにインストールした場合のパスが次のように変更となった。

パス 内容
$env:ProgramFiles\PowerShell\6\ 6.x系の安定版インストールパス
$env:ProgramFiles\PowerShell\6-preview\ 6.x系のプレビュー版インストールパス

この変更はPowerShell CoreをWindows Update経由でアップデートした場合でも問題なく動作するようにするためだとされている。

POWERSHELL_TELEMETRY_OPTOUT

PowerShell Coreは起動時にMicrosoftへ基本テレメトリデータを送信している。送信されているデータはオペレーティングシステム名、オペレーティングシステムバージョン、PowerShellバージョンなど。Microsoftはこうしたデータに基づいてPowerShellがどのような環境で実行されているのかを調べ、新機能やバグ修正に関する優先順位決定時のデータとして利用している。

PowerShell Core 6.1にはこのデータ送信を抑制する機能が追加された。環境変数POWERSHELL_TELEMETRY_OPTOUTをtrueまたはyesまたは1に設定すると起動時における基本テレメトリデータの送信は行わないようになる。

VisualBasic

これまでのバージョンであればAdd-Typeコマンドレットを使うことでVisual Basicコードをコンパイルすることができたが、Add-TypeコマンドレットでVisual Basicが指定されることがほとんどなかったことから、Add-Typeコマンドレットのサポート対象からVisual Basicが外された。この結果、サイズが縮小している。

cd

これまでのバージョンであればcd(またはSet-Location)でドライブ名のみを指定して移動した場合、デフォルトロケーションへの移動が行われていた。PowerShell Core 6.1からはセッションが保持している最後のワーキングディレクトリへ移動するようになった。

-lp

PowerShell Core 6.1からは-LiteralPathパラメータをもっているすべてのコマンドレットで-lpパラメータを指定可能になった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る