コマンドプロンプトウィンドウの色を変更する color

【連載】

LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門

【第10回】コマンドプロンプトウィンドウの色を変更する color

[2018/11/08 07:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

コマンドプロンプトウィンドウの色を変更する color

Windowsコマンドにはコマンドプロンプトウィンドウの前景色と背景色を変更するためにcolorというコマンドが用意されている。

このコマンドは引数に前景色または前景色と背景色の指定を取るコマンドで、指定された色にコマンドプロンプトウィンドウの色を変更する。色の指定は0~9、A~Fの中から1文字を行うようになっており、それぞれ次の色に相当している。

内容
0 ブラック
1 ブルー
2 グリーン
3 アクア
4 レッド
5 パープル
6 イエロー
7 ホワイト
8 グレー
9 ライトブルー
A ライトグリーン
B ライトアクア
C ライトレッド
D ライトパープル
E ライトイエロー
F ブライトホワイト

色の指定は次のようになっている。1文字だけなら前景色だけを指定したことになり、2文字指定した場合には1文字目が背景色、2文字目が前景色になる。

color [[背景色]前景色]

つまり、color 07のように実行すれば背景色がブラックで前景色がホワイトということになる。1文字の場合背景色は自動的にブラックになる。colorコマンドを引数なしで実行した場合にはデフォルト(背景色:ブラック、前景色:ホワイト)になる。

colorコマンドの実行例

colorコマンドは実際に実行した結果を見るのがてっとりばやい。次にcolorコマンドの実行結果を掲載する。

color 07実行結果

color 17実行結果

color 27実行結果

color 37実行結果

color 47実行結果

color 57実行結果

color 67実行結果

color 87実行結果

color 97実行結果

color A0実行結果

color B0実行結果

color C0実行結果

color D0実行結果

color E0実行結果

color F0実行結果

このようにcolorコマンドを使用することでコマンドプロンプトウィンドウの色を変更することができる。colorコマンドで変更できる色は実行中のセッションに限られているため、コマンドプロンプトウィンドウを終了すると破棄される。

永続的にコマンドプロンプトウィンドウの色を変更した場合には、設定ダイアログから色を変更すればよい。

参考資料

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る