Windows 10でLinuxを使う (その30) - Insider Previewには注意

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第143回】Windows 10でLinuxを使う (その30) - Insider Previewには注意

[2018/09/11 09:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

開発が進むWSLとInsider Preview

WSL (Windows Subsystem for Linux)はWindows 10に導入された比較的新しい機能であり、多くのユーザーはこの機能の改善や、さらなる機能追加などを求めている。Windows 10でシームレスにLinuxのアプリケーションやプラットフォームが利用できるようにするため、Microsoftも互換性を維持しつつ、ユーザーの要望に応えるための取り組みを続けている。

こうした最新の開発成果物は、Windows 10 Insider Preview版で試すことができる。Insider Previewにはそれ以外にも多くの新しい機能やアプリケーションの追加などが実施されるため、利便性を追い求めると使い続けたくなるのだが、Insider Previewはあくまでも開発版であることを忘れてはならない。メインの作業環境をInsider Previewにしていると、あるアップデートでいきなり問題になる可能性がある。

Windows 10 Insider Preview Build 18219と18234の事例

Microsoftは2018年8月16日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18219 - Windows Experience BlogWindows Experience Blog」を公開した。このInsider Preview版には既知の問題として、次の事柄が掲載されている。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18219 - Windows Experience BlogWindows Experience Blog

  • If you encounter hangs running WSL in 18219, a system reboot will correct the issue. If you’re an active user of WSL you may want to pause flighting and skip this build. We’re working on a fix. (18219で動作しているWSLがハングする場合、システムを再起動することでハングを解消することができます。もしあなたがWSLをアクティブに使っているユーザーなら、一時的に利用を停止してこのビルドの使用はスキップしてください。我々は問題の修正に取り組んでいます)


2018年8月16日(米国時間)に公開されたこのInsider PreviewではWSLの動作に問題が報告されており、利用中にハングが発生する可能性があるとされている。この問題はしばらく続き、約3週後にリリースされた「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18234 - Windows Experience BlogWindows Experience Blog」において、次のように問題の解決が報告された。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 18234 - Windows Experience BlogWindows Experience Blog

  • We fixed an issue resulting in hangs when using WSL in the previous flight. (以前の開発版に存在していたWSL利用時にハングが発生する問題を修正)


WSLはこの3週間ほど、ハングしやすい環境になってしまっていたわけだ。ルーチンワークとしてWindows 10 Insider Previewをアップデートして利用している場合、WSLに問題があるというアナウンスに目を通す前にアップデートを適用するだろう。だとすると、問題が発生してから状況に気がつき、アナウンスを読んで問題を知る……といった流れになることが多いのではないだろうか。Insider Preview版を使うということは、こういう事態が起こりうることも意味する。順調に機能しているときは良いのだが、問題が発生するととても困ったことになるのだ。

Insider Previewの利用は主要環境とは別環境で

こうした事態を回避するために、あらかじめWindows 10 Insider Preview版を使って今後のアップデートで取り込まれる機能を事前に入手しておくとか、試用しておくというのは悪くない方法だ。事前に情報を知ることで、今後の作業計画も立てやすくなる。

ただし、今回紹介したように問題が発生することもある。そのため、Insider Previewを使うときはメインの環境をInsider Previewに置き換えるのではなく、別途Insider Preview用の環境を用意したり、仮想環境にInsider Previewをセットアップしたりといったやり方で利用すると良いだろう。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催。11月1日には同社 主席アナリストの青山浩子氏が登壇し「CIOが理解すべき統合システムの3大インパクト」と題する講演を行った。本稿では、講演の内容をダイジェストでお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
RPA入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る