島津製作所、海外拠点を対象に「RADIUS GUARD S」を導入 [事例]

[2018/08/23 17:15] ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

サーバ/ストレージ

SCSKとNECネッツエスアイは8月21日、島津製作所が利用するOffice 365における証明書運用の認証局基盤として、2017年2月1日から、海外拠点を対象にRADIUS認証アプライアンスサーバ「RADIUS GUARD S(ラディウスガード エス)」を導入したと発表した。

島津製作所では、業務の生産性を向上させるための環境整備の一環として、2013年からOffice 365の展開を開始し、グローバルでOffice 365を利用する計画を進めていた。当初は、グローバルIPアドレスを利用した手法でOffice 365の認証を実現していたが、国や地域によってグローバルIPアドレスを取得できないケースがあることが課題となっていた。

これを解決する手法として、Office 365の認証に「電子証明書」を利用したデバイス認証による端末制御の手法を検討。電子証明書の発行と認証をオールインワンで実現する装置として、RADIUS GUARD Sの採用に至った。

選定にあたっては、国内外の約13,000のOffice 365アカウントを処理可能なことや、電子証明書の発行から認証、ワークフロー機能まで1つの筐体で実現できること、Office 365のデバイス認証だけでなく、無線、VPNなどのさまざまな認証基盤として利用可能なことなどが評価されたとしている。

導入に際しては、Office 365自体の導入支援も担当したNECネッツエスアイが設計/構築作業を行い、SCSKが技術支援を担当。導入により、Office 365のグローバル展開が可能になったのはもちろん、ワークフロー機能による証明書の発行申請から承認、端末への証明書導入までの運用負荷が軽減され、今後のセキュリティ強化に対する期待が高まったという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

セキュリティ分野におけるAI活用の現状は? CISOが考えておくべきコト

セキュリティ分野におけるAI活用の現状は? CISOが考えておくべきコト

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次カンファレンス「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を都内にて開催した。7月25日には、ガートナー リサーチ ディレクター、マーク・ホーヴァス氏が登壇。AIがセキュリティとリスク管理に与える影響や、CISOとしてAIに何を期待すべきかなどについて解説がなされた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る