Windows 10でLinuxを使う (その28) - Ubuntuアップグレード

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第138回】Windows 10でLinuxを使う (その28) - Ubuntuアップグレード

[2018/08/07 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

少なくとも先週までの段階では、Microsoftストアから「Ubuntu」をインストールするとUbuntu 16.04 LTSがインストールされていた。だが、現在のLTSの最新版はUbuntu 18.04 LTSだ。

Canonicalは2年ごとに、5年間の長期サポートが提供されるLTS(Long Term Support)版を公開している。そのため、「サポートがある限りはずるずると同じバージョンを使い続ける」というのも1つの手ではあるのだが、サーバを運用しているわけでなければ「新しいLTSが公開されたらアップグレードする」ほうが、新しいパッケージも使えるようになり、何かと便利だ。

今回はMicrosoftストアから「Ubuntu」をインストールした後で、ユーザーが自分でUbuntu 16.04 LTSからUbuntu 18.04.1 LTSへアップグレードする方法を紹介する。LTSのアップグレードは「x.xx.1」というポイントリリースが行われた後に実施するという習わしになっており、ちょうど先日、18.04.1がリリースされたので、このタイミングでの実施がタイムリーだ。

バージョンアップ前にパッケージをアップグレード

Ubuntu 16.04 LTSからUbuntu 18.04.1 LTSへアップグレードする前に、Ubuntu 16.04のパッケージを最新のものに更新しておく。次のように「sudo apt update」と「sudo apt upgrade」を実行すればよい。

sudo apt updateでメタデータを更新

「sudo apt upgrade」でパッケージをアップグレード

「sudo apt upgrade」でパッケージをアップグレード完了

この辺りは、いつものパッケージアップグレードの操作と同じだ。

Ubuntu 16.04 LTSからUbuntu 18.04.1 LTSへアップグレード

パッケージを最新の状態にアップグレードしてから、Ubuntu 16.04 LTSからUbuntu 18.04.1 LTSへアップグレード作業を行う。

アップグレード前: Ubuntu 16.04 LTS

アップグレードには次のように「do-release-upgrade」コマンドを実行する。

sudo do-release-upgrade -d

「do-release-upgrade」コマンドを実行すると、どのパッケージが削除され、どのパッケージがアップグレードされるかといった調査が実施される。この段階で、次のように「d」を入力するとその内容を確認できる。

「d」と入力するとアップグレード内容の詳細を確認

特に、サポートされなくなるパッケージや削除されるパッケージなどをチェックしておく。

アップグレードで削除されるパッケージやサポートされなくなるパッケージなどを特にチェック

内容を確認したら、「y」と入力してアップグレード作業を実施する。環境にもよるが、大体30分から1時間くらいでアップグレード作業が完了する。

「y」と入力してアップグレードを実行

途中で次のように「/etc/ssh/sshd_config設定ファイルを上書きするか、編集するか、そのまま残すか」を尋ねられる。とりあえず「install the package maintainer’s version」を選択してデフォルトの設定ファイルを上書きし、必要があれば後から編集すればよいと思う。

「install the package maintainer’s version」を選択して/etc/ssh/sshd_configファイルを上書き

続いて、非推奨となったパッケージを削除するかどうかを問われるので、「y」と入力して削除を実施する。もし非推奨となったパッケージを今後も使い続けたいなら、「n」と入力して削除せずに処理を進める。

「y」と入力して非推奨になったパッケージを削除

次のメッセージまで来たらアップグレードに必要なインストール作業は完了である。WSLで動作するLinuxは再起動することができないので、ここでは「y」を入力しても「n」を入力しても同じだ。動作しているプロセスをクリアしたいので、ここで一旦、Windows 10を再起動する。

ここまで来たら一旦、Windows 10を再起動

Windows 10を再起動し、Ubuntuを起動してバージョンを確認する。作業がうまくいっていれば「Ubuntu 18.04.1 LTS」になっていることを確認できる。

Ubuntu 18.04.1 LTSにアップグレードされたことを確認

2年に1度のアップグレード

CanonicalはUbuntuを半年ごとにリリースしている。このリリースに合わせて利用しているユーザーにとってみれば、アップデート作業はいつものことになるが、LTS版を使っている場合には最短でも2年ごとに実行する作業になる。2年も経てば、どうやってアップグレードしていたのかなんて忘れてしまうだろう。

Ubuntuの場合は「do-release-update」でアップグレードできるので、2年経ったら「確か、『do-ナントカ』コマンドでアップグレードを実施したような……」程度の記憶が残っていれば大丈夫だ。アップグレードの方法は調べればすぐに出てくる。サーバとして使うなら5年間使い続けるのも手だが、WSLで使うケースでは、2年ごとにアップグレードしていく方法がよいのではないかと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る