Windows 10でLinuxを使う (その24) - Ubunty 18.04 LTS

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第128回】Windows 10でLinuxを使う (その24) - Ubunty 18.04 LTS

[2018/05/29 09:45]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

2018年4月にUbuntuの長期サポートバージョンとなるUbuntu 18.04 LTSが公開された。多くのユーザーがこのバージョンを使うことになると見られるが、Microsoft StoreにもついにUbuntu 18.04 LTSが登録された。今回はUbuntu 18.04 LTSのインストール方法と、既存のUbuntu 16.04 LTSとの関係を紹介する。

Ubuntu 18.04 LTSインストール

Ubuntu 18.04 LTSのインストール手順はほかのLinuxディストリビューションと同じだ。Microsoft Storeで「Ubuntu 18.04」を検索したら、インストールボタンをクリックしてインストールを実施する。

Microsoft StoreからUbuntu 18.04 LTSをインストール

インストール後に「起動」ボタンをクリックすると、黒いスクリーンのウィンドウが起動してくるので、表示が変わるまでしばらく待つ。この間に必要なファイルを展開する作業が行われる。

作業が終盤になると次のようにユーザー名とパスワードの入力を求められるので、利用するユーザー名とパスワードを入力する。基本的なインストール作業はこれで完了だ。

ユーザー名とパスワードを入力してインストール完了

しかし、インストール後にはアップデートを行っておいたほうがよいので、「sudo apt update」と「sudo apt upgrade」の操作もここで実行しておく。次のように作業が進むことを確認できればよい。

sudo apt update

sudo apt upgrade

インストールが完了したUbuntu 18.04 LTS

使い方はUbuntu 16.04 LTSのときとそう変わらないので、使い出しで困ることはそれほどないと思う。

Ubuntu 16.04 LTSとの関係は?

執筆時点でMicrosoft StoreからUbuntuを検索すると次のスクリーンショットのように3つのUbuntuを発見できる。「Ubuntu」「Ubuntu 16.04」「Ubuntu 18.04」だ。

Microsoft Storeに登録されているUbuntu

それぞれの中身を比較してみると、全く同じではないが「Ubuntu」と「Ubuntu 16.04」はほぼ同じものであることがわかる。「Ubuntu」は最初から存在するアプリケーションで16.04 LTSを継続、「Ubuntu 18.04」が今回新しく追加されたアプリケーションで、Ubuntu 18.04の追加に合わせてわかりやすいように追加されたのが「Ubuntu 16.04」ということになる。

アプリケーション 内容(執筆時点)
Ubuntu 20180510.1 build of Ubuntu 16.04 LTS
Ubuntu 16.04 20180510 build of Ubuntu 16.04 LTS
Ubuntu 18.04 20180426 build of Ubuntu 18.04 LTS

同じUbuntuなのだが、どれも別のアプリケーションとして扱われるので3つ同時にインストールして利用するといったこともできる。次のように起動するコマンドがそれぞれ異なっている。

アプリケーション 起動コマンド
Ubuntu bash.exe、ubuntu.exe
Ubuntu 16.04 ubuntu1604.exe
Ubuntu 18.04 ubuntu1804.exe

似たような環境が混在することになるわけだが、どれをどうやって使うかは状況に応じて変わってくることになるように思う。例えば、次のような選択ができるんじゃないかと思う。

状況 お薦め
これからUbuntuを使ってみようと思っている Ubuntu 18.04をインストールして使う
これからUbuntu 16.04 LTSを使う必要がある Ubuntu 16.04をインストールして使う
これまでWSLのUbuntuを使い込んでいる Ubuntuをそのまま使い続ける。場合によっては自分で18.04 LTSへアップグレードする
これまでWSLのUbuntuを使い込んでいるが、再インストールも厭わない Ubuntu 18.04をインストールして使う

基本的にはUbuntu 18.04をインストールしてこちらを使うのがよいんじゃないかと思う。しかし、すでにWSLのUbuntuを使い込んでいるならそのまま使い続けてもよいと思うし、コマンドで18.04へアップグレードしてもよいんじゃないかと思う。これからUbuntu 16.04を使うというなら、わかりやすさから今回別途追加された「Ubuntu 16.04」を選ぶのがよいんじゃないかと思う。

さらに使いやすさが向上したWSL

この流れが続くとすれば、Microsoft StoreにはUbuntu 20.04も登録されるだろうし、もしかしたら古いバージョンが新たに追加される可能性もある。複数のバージョンのLinuxを単一のPCに簡単にセットアップできるということになれば、Windows 10はLinux管理者にとってそれだけで価値のあるプラットフォームになったと言える。

実際の運用環境だと複数のバージョンが混在するというのは珍しくない状況だ。検証用に仮想環境に全ての環境を用意しておくとディスク容量や、同時に動かすとなるとプロセッサパワーが心もとないが、WSLであればその辺りのリスクを低く抑えたまま、同時に複数のバージョンを飼っておいたり実行したりすることができる。Windows 10はまた1つLinuxプラットフォームとしての魅力を増やしたと言えそうだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3746
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [128] Windows 10でLinuxを使う (その24) - Ubunty 18.04 LTS
2018年4月にUbuntuの長期サポートバージョンとなるUbuntu 18.04 LTSが公開された。多くのユーザがこのバージョンを使うことになると見られるが、Microsoft StoreにもついにUbuntu 18.04 LTSが登録された。今回はUbuntu 18.04 LTSのインストール方法と、既存のUbuntu 16.04 LTSとの関係を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/mynavi20151210_linux_300-250.jpg
2018年4月にUbuntuの長期サポートバージョンとなるUbuntu 18.04 LTSが公開された。多くのユーザがこのバージョンを使うことになると見られるが、Microsoft StoreにもついにUbuntu 18.04 LTSが登録された。今回はUbuntu 18.04 LTSのインストール方法と、既存のUbuntu 16.04 LTSとの関係を紹介する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る