Windows 10でLinuxを使う (その23) - WSLコンソールにタブとコピペ機能

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第123回】Windows 10でLinuxを使う (その23) - WSLコンソールにタブとコピペ機能

[2018/04/24 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

Windows 10春のアップデートの提供は遅れていてまだ実施されていない。しかし、その遅延を待つのは十分に価値のあることだ。今回のアップデートではWSL (Windows Subsystem for Linux)とコンソールにたくさんの新機能が追加される見通しになっている。WSLはまだ登場したばかりの機能だから、最初のアップデートにはユーザーが求めるたくさんの必須機能が追加されることになる。そうした機能のなかから、今回はコピー&ペーストとタブコンソールを紹介しようと思う。

WSLコンソール コピー&ペースト機能

WSLコンソールを使っていて最大に不便なことの1つにペースト機能があります。WSLコンソールにテキストを貼り付けようとして「Ctrl+V」を押しても、次のように2回「Ctrl+V」を押したタイミングで「^V」が表示されるだけで、テキストの貼り付けは実施されない。

WSLコンソールには「Ctrl+V」では貼り付けを実施できない

Microsoftは「Copy and Paste arrives for Linux/WSL Consoles|Windows Command Line Tools For Developers」において、Windows 10 Insider build #17643でWSLコンソールにコピー&ペースト機能が追加されたと伝えた。例えば、現在リリースされているWSLコンソールの設定ダイアログは次のようになっている。

現行のWSLコンソール設定ダイアログ

説明によれば、Windows 10 Insider build #17643のWSLコンソールの設定ダイアログは次のようになる。

Windows 10 Insider build #17643のWSLコンソール 設定ダイアログ - 資料: Microsoft提供

ご覧のとおり、「Use Ctrl+Shift+C/V as Copy/Paste」というオプションが追加されている。「Ctrl+Shift+C」がコピー、「Ctrl+Shift+V」がペーストだろう。UNIX系のOSでは「Ctrl+V」にすでにほかの機能が割り当てられていることが多いので、それを回避するためにこうしたショートカット設定になっているものと見られる。

WSLコンソールはテキスト入力が主な操作方法となるため、ペーストできないというのはかなりのストレスになる。ファイルの編集やデータの流し込みもできないので、なかなか扱いにくかった。コピー&ペースト機能実装後は、こうしたストレスから解放されることになる。

WSLコンソール タブ機能

WSLコンソールはコマンドプロンプトやPowerShellプロンプトと比べれば、かなり多機能な実装になっている。しかし、Linuxなどで使われているターミナルアプリケーションや、Windowsで動作するサードパーティ製のターミナルアプリケーションと比較すると、その機能はかなり控えめというか、便利な機能が足りない面が否めない。

しかしこれは次のアップデートで解消される見通しだ。Microsoftは次のアップデートに「Sets」と呼ばれるタブ機能を導入する見通しになっており、WSLコンソールでも利用できるようになるとみられている。Microsoftが「Tabbed Console starts here|Windows Command Line Tools For Developers」において取り上げたスクリーンショットによれば、WSLコンソールにもその機能が導入されている。

Sets機能(タブ機能)が導入されたWSLコンソール - 資料: Microsoft提供

導入されるタブ機能はおそらくかなり基本的なものになるだろう。次のアップデートで基本的なタブ機能を導入し、さらに先のアップデートでよりアドバンストな機能を導入するといった流れになることが予測される。

まだまだだが、期待が持てる将来

今回紹介したような機能は、すでにほかのコンソールアプリケーションやターミナルアプリケーションには実装されている。それだけWSLコンソールの機能が遅れているというか、実装が進んでいないということになるのだが、少しずつでも進展があるのは良いことだ。

本連載の第111回では、コンソールアプリケーションとして「ConEmu」を紹介した。正直なところ、ConEmuを使えばここで紹介したことはすでに実現できているし、もっと便利な機能がいくつも用意されている。実用性という面で見れば、ConEmuを使ったほうがよい。

しかし、Microsoftがデフォルトで提供するコンソールアプリケーションが多機能になって多くの作業がこなせるようになることは喜ばしいことだ。認められたアプリケーションしか使えない職場もある。MicrosoftのLinux環境はますます便利になりそうだ。しばらく目が離せない状況が続くものと見られる。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3662
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [123] Windows 10でLinuxを使う (その23) - WSLコンソールにタブとコピペ機能
Windows 10春のアップデートの提供は遅れていてまだ実施されていない。しかし、その遅延を待つのは十分に価値のあることだ。今回のアップデートではWSLとコンソールにたくさんの新機能が追加される見通しになっている。そのなかから今回は、コピー&ペーストとタブコンソールを紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/mynavi20151210_linux_300-250.jpg
Windows 10春のアップデートの提供は遅れていてまだ実施されていない。しかし、その遅延を待つのは十分に価値のあることだ。今回のアップデートではWSLとコンソールにたくさんの新機能が追加される見通しになっている。そのなかから今回は、コピー&ペーストとタブコンソールを紹介する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る