Windows 10でLinuxを使う (その22) - Kali Linuxとウインドウシステム

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第122回】Windows 10でLinuxを使う (その22) - Kali Linuxとウインドウシステム

[2018/04/17 10:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

WSLとウインドウシステム

WSL (Windows Subsystem for Linux)を使うと、WindowsカーネルでLinuxバイナリを実行することができる。この仕組みを利用することでLinuxディストリビューションをそのままWindows 10上で実行できるようになったわけだが、まだ実装されていない機能は使えないし、根本的にあまり相性の良くないものもある。Linuxで使われるウインドウシステムがそれだ。

Linuxディストリビューション、特にデスクトップ向けのディストリビューションではウインドウシステムとして「X Window System」が使われていることが多い。ほとんどはXorgを実装系として採用している。WSLでLinuxのときのようにXorgが使えるかと言うと、今のところそこまでは実装されていない。

もちろんWSLでXorgが動作するようにすることも、原理的には可能だ。しかし、すでにWindowsというウインドウシステムが動作している状態で、Xorgがシームレスに動作するように実装することにどれだけ需要があるかはよくわからない。最終的にそこは実装されないような気がする。

しかし、X Window Systemはそもそもの設計がネットワーク透過になっているので、現状でも利用しようと思えば利用できる状態になっている。WSLでこうした使い方が一般化するかどうかはまだわからないが、一応試すことはできるようになっている。今回はKali Linux on WSLでその様子を見てみよう。

リモートデスクトップで利用

Linuxのウインドウシステムを利用するアイデアの1つは、リモートデスクトップだ。WSLで動作しているリモートデスクトップサーバにアクセスしてXorgの環境を利用するというもの。Kali Linuxでは実験的にだがそれを試す方法が提供されている。「https://kali.sh/xfce4.sh」にセットアップ用のスクリプトが用意されているので、これを取得して中身を確認してから実行する。

●リモートデスクトップ環境を構築するスクリプトを取得

curl -O https://kali.sh/xfce4.sh

リモートデスクトップ環境を構築するスクリプトを取得して中身を確認

スクリプトはパッケージをアップデートしたのち、Kaliのデスクトップパッケージ、XFce4、Xorg、xrdpをインストールする内容になっている。環境にもよるが、このスクリプトの作業が終わるまでには数十分から数時間くらいかかるので注意していただきたい。

●取得したスクリプトを実行

sudo sh ./xfce4.sh

取得したスクリプトを実行

パッケージインストール中にキーボードの設定を求められる

取得したスクリプトの実行が完了したところ

スクリプトの実行が完了すれば必要なパッケージがインストールされたことになる。この状態で次のようにxrdpを起動させると、Windowsからリモートデスクトップとしてアクセスできるようになる。起動時にポート番号が表示されるので、これを覚えておく(ポート番号はスクリプトにも書いてあり、ここでは3390が使われている)。

●xrdpの起動

sudo service xrdp start

xrdpを起動したところ - 使われたポート番号が表示されている

Windows 10でリモートデスクトップ接続(mstsc)を起動し、「コンピューター」を「127.0.0.1:3390」にして接続を行う。

「リモートデスクトップ接続」ダイアログで接続を実施

確認ダイアログ

リモートデスクトップ接続から接続すると次のようにxrdpの表示するログイン画面にアクセスできる。

xrdpの提供するログインスクリーン

ここまでは多くの環境で動作を確認できるのではないかと思う。現在のところ、WSLでこうした環境を用意するための専用パッケージ(またはメタパッケージ)は用意されていないが、今後需要が高まればそうしたパッケージの提供も開始され、さらに手軽にリモートデスクトップ環境を用意できるようになるだろう。

もっと需要があれば、デフォルトでもインストールされるようになるかもしれない。そうなれば、bashから利用するのではなく、mstsc経由でアクセスして利用する、といったスタイルが標準になる可能性もある。今後の動向に注目だ。

ちなみに、起動したxrdpは次のようにすれば停止することができる。

sudo service xrdp stop

このやり方は普及する?

確かに、Linuxでしか動作しないGUIアプリケーションもあるので、こうした方法でWindowsから利用できれば便利である。ファイルシステムはLinuxからもWindowsからもアクセスできるため、データへのアクセスも簡単だ。Linuxで作業してWindowsで利用するといったことがシームレスに実施できれば、便利なシーンも多いだろう。

利用が始まったばかりのWSLで、こうした使い方がどこまで普遍的なものになるかはまだわからない。しかし、可能性はあるように思う。今後、どういったかたちで進んでいくのか注目していきたい。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3648
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [122] Windows 10でLinuxを使う (その22) - Kali Linuxとウインドウシステム
WSLでLinuxのウィンドウシステムを利用するアイディアは、WSLで動作しているリモートデスクトップサーバにアクセスしてXorgの環境を利用するというものだ。Kali Linuxでは実験的にだがそれを試す方法が提供されている。今回はこれを紹介しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/mynavi20151210_linux_300-250.jpg
WSLでLinuxのウィンドウシステムを利用するアイディアは、WSLで動作しているリモートデスクトップサーバにアクセスしてXorgの環境を利用するというものだ。Kali Linuxでは実験的にだがそれを試す方法が提供されている。今回はこれを紹介しよう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る