Windows 10でLinuxを使う (その19) - Ubuntuマイナーアップデート

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第119回】Windows 10でLinuxを使う (その19) - Ubuntuマイナーアップデート

[2018/03/27 10:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

MicrosoftストアとUbuntu

WSL (Windows Subsystem for Linux)によってWindowsでLinuxを利用できるようになった。インストールはMicrosoftストアから実施する。通常、このようにMicrosoftストアからインストールしたアプリケーションのアップデートはMicrosoftストアから実施できるのだが、Ubuntuの場合はアップデートの対象になっていない。

Ubuntu - Microsoftストア

Ubuntuがインストールされている状態でMicrosoftストアを開き、右上のメニューから「ダウンロードと更新」を選択する。すると、アップデート対象となっているアプリケーションのダウンロードとアップデートが実施されたり、最近のアクティビティが表示されたりするのだが、ここのUbuntuは入っていないことを確認できる。

UbuntuはMicrosoftストアからの更新対象になっていない

UbuntuはMicrosoftストアからではなく、Ubuntuの通常のアップデート方法でアップデートを実施する仕組みになっている。Ubuntuのマイナーアップデートが公開された場合には、コマンドを使って手動でアップデートしよう。

Ubuntuのマイナーアップデート

先日、Ubuntu 16.04 LTSの最新版となるUbuntu 16.04.4 LTSが公開された。手元のWindows 10 Fall Creators UpdateにインストールされているUbuntuはUbuntu 16.04.3 LTSだ。つまり、Windows 10 Fall Creators UpdateにインストールされているUbuntuは、コマンドを使ってUbuntu 16.04.4 LTSへアップデートできるというわけだ。

Windows 10 Fall Creators UpdateにインストールされているUbuntu 16.04.3 LTS

Ubuntu 16.04.3 LTSからUbuntu 16.04.4 LTSへのアップデートは通常のアップデート手段を踏めばよい。「sudo apt update」でメタデータを更新して、「sudo apt upgrade」でアップグレードを実施しよう。アップデート作業の様子は、次のようになる。

sudo apt updateを実行

apt list —upgradableでアップグレード対象をチェック

sudo apt upgradeでアップデート作業中

アップデート作業が完了すると次のようにUbuntu 16.04.4 LTSに上がったことを確認できる。

Ubuntu 16.04.4 LTSへのアップデートを確認

パッケージのアップデートもUbuntuのマイナーアップデートも基本的には同じ作業だ。LTSは長期サポートバージョンなので、基本的にはこの方法をとっておけば長期に渡ってUbuntu LTS系を使い続けることができる。

Ubuntuは2018年4月に最新のLTSであるUbuntu 18.04 LTSの公開が予定されている。公開後は、WSLのUbuntuもUbuntu 16.04.4 LTSからUbuntu 18.04 LTSへアップデートができるようになると見られている。そちらが公開された段階で、本連載でもWSLのUbuntuをメジャーアップデートする方法を取り上げたい。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3588
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [119] Windows 10でLinuxを使う (その19) - Ubuntuマイナーアップデート
WSL によってWindowsでLinuxを利用できるようになった。インストールはMicrosoftストアから実施する。通常、このようにMicrosoftストアからインストールしたアプリケーションのアップデートはMicrosoftストアから実施できるのだが、Ubuntuの場合はUbuntuの通常のアップデート方法で実施する仕組みになっている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/mynavi20151210_linux_300-250.jpg
WSL によってWindowsでLinuxを利用できるようになった。インストールはMicrosoftストアから実施する。通常、このようにMicrosoftストアからインストールしたアプリケーションのアップデートはMicrosoftストアから実施できるのだが、Ubuntuの場合はUbuntuの通常のアップデート方法で実施する仕組みになっている。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る