ちょっと便利なコマンド「cal」

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第88回】ちょっと便利なコマンド「cal」

[2017/08/22 10:50]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

近年、多くのユーザーがカレンダーアプリケーションとしてGoogleカレンダーなどを使っていると思う。そうでなくても、OSに付属していたカレンダーアプリケーションやサービス、会社が用意しているサービスなどを使っていることだろう。

それらのサービスほど多機能ではないが、UNIX系のOSには古くからこうしたカレンダーを表示するためのコマンド「cal」が含まれている。今回は、このcalコマンドを紹介しよう。

calコマンドの使い方

calコマンドは、引数なしで実行すると当月のカレンダーが表示される。また、その際、実行した日付がハイライトされた状態で表示されることが多い。

calコマンドを引数なしで実行すると当月のカレンダーが表示される

calコマンドの引数に「年」を西暦で指定すると、指定した年の1月から12月までのカレンダーが表示される。次のような感じだ。

calコマンドに年を指定すると、その年の年間カレンダーが表示される

特定の月を表示させたい場合は、「月」と「年」を同時に指定する必要がある。例えば、2018年5月のカレンダーを表示させたいのであれば、「cal 5 2018」のように「月 年」の順で指定を行えばよい。

calコマンドで特定の月をカレンダー表示させるには、月と年を同時に指定する

calコマンドの実装系は、OSのディストリビューションごとに異なっている。しかし、上記機能のような基本的な部分はどの環境でも同一だ。

一方、macOSやFreeBSDでは「ncal」がデフォルトの実装となっており、機能が多い。ncalコマンドがないとしても、似たような多機能コマンドに「gcal」というものがあるので、必要な場合はパッケージからそちらをインストールして使えばよいだろう。

ncalコマンドの実行例

calコマンドは、視覚的に日付や曜日がわかるので便利だ。この歴史の古いコマンドは、80x25のコンソールで利用できるようにフォーマットが整えられているので、「sshでサーバにログインしている状態で使う」といった用途に向いている。dateコマンドとともに、基本的なコマンドとして覚えておきたいコマンドだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3014
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [88] ちょっと便利なコマンド「cal」
Googleカレンダーなどほど多機能ではないが、UNIX系のOSには古くからカレンダーを表示するためのコマンド「cal」が含まれている。今回は、このcalコマンドを紹介しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/08/Linux87_004-thumb-400xauto-13506.jpg
Googleカレンダーなどほど多機能ではないが、UNIX系のOSには古くからカレンダーを表示するためのコマンド「cal」が含まれている。今回は、このcalコマンドを紹介しよう。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る