外為どっとコム、FXサービスのテスト環境にオラクルのクラウドDBを導入 [事例]

[2017/02/27 15:35] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

日本オラクルは2月27日、外為どっとコムが提供する外国為替保証金取引(FX)サービスのデータベース・アップグレード時の本番適用前のテスト環境に「Oracle Database Cloud Service」および「Oracle Real Application Testing」を導入したと発表した。

外為どっとコムが提供するFXサービスでは、本番環境のデータベースが「Oracle Database」を基盤に構築されている。そのため今回、同等の機能をクラウドで提供する検証用環境としてOracle Database Cloud Serviceを導入し、併せてパッチ適用前後のSQL非互換や性能テストの正確性向上、テストの自動化を目的にOracle Real Application Testingを採用した。

両ソリューションを組み合わせて利用することで、データベース・アップグレード時のテスト環境を迅速に構築できたほか、SQLの非互換や性能テストにかかる工数を従来比で67%削減したという。

かねてより、外為どっとコムではシステムの安定運用を重視しており、データベース・アップグレードにおいても従来とパフォーマンスの変化が無いかどうかや、トラブル発生の有無に細心の注意を払っている。今回、クラウドを利用した検証作業を経た結果、予定通りにアップグレードが完了し、トラブルも発生していない点を評価しているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2488
2
外為どっとコム、FXサービスのテスト環境にオラクルのクラウドDBを導入 [事例]
日本オラクルは2月27日、外為どっとコムが提供する外国為替保証金取引(FX)サービスのデータベース・アップグレード時の本番適用前のテスト環境に「Oracle Database Cloud Service」および「Oracle Real Application Testing」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは2月27日、外為どっとコムが提供する外国為替保証金取引(FX)サービスのデータベース・アップグレード時の本番適用前のテスト環境に「Oracle Database Cloud Service」および「Oracle Real Application Testing」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る