CTC、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤を「NetApp AFF」に刷新 [事例]

[2016/12/13 15:55] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

ネットアップは12月13日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤をネットアップのオールフラッシュストレージ「NetApp AFF」に刷新したと発表した。

CTCでは、10年以上前からシンクライアントシステムを採用しているが、グループ会社を含め約1万ユーザーが使用するようになったことに伴い、レスポンス性能と、ストレージコントローラのCPU使用率の改善が課題となっていた。これらを解決するために、CTCではシンクライアントシステムを支えるストレージ基盤の刷新を決定。「3万OPS以上のストレージ負荷に耐えられるストレージ環境」「ストレージコントローラのCPU使用率を50%未満に抑制」「サーバからストレージへのレスポンス時間で15ミリ秒以下を実現」の3つを要件に検討した結果、2016年1月にNetApp AFF8060の導入を決定した。

導入後、レスポンスにかかる時間は、読み込みが平均1ミリ秒(1/1,000秒)以下、書き込みが1~2ミリ秒程度に改善。一方でコントローラについては、CPUの使用率を30%未満に抑えることで、ストレージ基盤の可用性を向上した。

また、ストレージOSも「NetApp Data ONTAP 7-mode」から「NetApp clustered Data ONTAP」へと切り替えられたが、ユーザーインタフェースの使い勝手には大きな変更がないため、これまでに培ったノウハウで運用可能だという。

データ移行にはネットアップのツールを活用することで、データの整合性を維持したまま、新旧システム間で円滑な移行を実現。これにより、CTCでは1カ月でストレージ環境の移行を完了したとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2208
2
CTC、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤を「NetApp AFF」に刷新 [事例]
ネットアップは12月13日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤をネットアップのオールフラッシュストレージ「NetApp AFF」に刷新したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ネットアップは12月13日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、シンクライアントシステムの共有ストレージ基盤をネットアップのオールフラッシュストレージ「NetApp AFF」に刷新したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る