アプラス、クレジットカードシステムに「IBM LinuxONE」を採用 [事例]

[2016/10/25 19:05] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

日本IBMは10月25日、アプラスのクレジットカード決済処理を担う次世代基幹システムに、IBMが提供するLinux専用メインフレーム「IBM LinuxONE」が採用されたと発表した。

アプラスは、新生銀行グループであるアプラスフィナンシャルの連結子会社。ショッピングクレジット事業、カード事業、決済事業などを展開する。

一般にクレジットカードシステムには、セキュアであることに加え、重いバッチ処理に対応できるだけの高いCPU処理能力が求められる。今回採用された「LinuxONE Emperor」は、ハードウェアで暗号鍵を保持する強固なセキュリティと、最大で1日25億トランザクションを処理する能力を備え、24時間365日の稼働にも耐えうると判断されたのだという。

また、ストレージにはIBMの基幹業務向けストレージ「IBM DS8880」、バックアップ用のディスク・ストレージには「IBM Storwize V5000」、テープ装置として「IBM TS3200」を採用。システム刷新により、クレジットカード業界のセキュリティ標準「PCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)」にも準拠する。

なお、システムの構築は日本IBMのグローバル・テクノロジー・サービス部門が担当するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2003
2
アプラス、クレジットカードシステムに「IBM LinuxONE」を採用 [事例]
日本IBMは10月25日、アプラスのクレジットカード決済処理を担う次世代基幹システムに、IBMが提供するLinux専用メインフレーム「IBM LinuxONE」が採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本IBMは10月25日、アプラスのクレジットカード決済処理を担う次世代基幹システムに、IBMが提供するLinux専用メインフレーム「IBM LinuxONE」が採用されたと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る