Microsoftが提供するLinux on Windows(その5)

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第22回】Microsoftが提供するLinux on Windows(その5)

[2016/05/17 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

今夏以降には、Windows 10でUbuntuが利用できる予定になっている。この取り組みの最大のポイントは、UbuntuのイメージをMicrosoftではなくCanonicalが提供している点にある。Microsoftは、あくまでもLinuxバイナリをWindowsカーネルで動作させる仕組みを提供するだけで、Ubuntuイメージ自体はCanonicalが提供する。つまり、MicrosoftとCanonicalが、それぞれのエコシステムを発揮できる仕組みになっているわけだ。

本連載では、CentOSの利用を想定して説明してきたが、Windows 10でUbuntuが動作するということになると、今後はUbuntuも視野に入れる必要があるだろう。今回は、Ubuntu on Windowsで必要になるアプリケーションのインストール手順と、アプリケーションのアップデート方法について説明する。

ソフトウェアのインストール

Ubuntu on Windowsにおいて、デフォルトでインストールされるソフトウェアには限りがあり、必要なソフトウェアは随時自分でインストールしなければならない。ソフトウェアのインストール方法は、通常のUbuntu利用時と同様にapt-get(8)コマンドを使用して行う。例えば、「tree」というコマンドを新しくインストールするなら、「apt-get install tree」と指定して実行すればよい。

apt-get(8)コマンドを使ったアプリケーションのインストール

ここまで来ると、Windows上でネイティブに動作しているというよりも、ssh(8)コマンドでUbuntuサーバにログインしているか、もしくは仮想環境でUbuntuを動作させているような気分になってくる。しかし、中身はWindows上のファイルシステムに展開されているし、Windows Subsystem for Linuxを経由してWindowsカーネルで動作しているUbuntuだ。

ソフトウェアのアップデート

もう1つ知っておくべきは、ソフトウェアやライブラリをアップデートする方法だ。ただし、これも通常のUbuntuと同じようにapt-get(8)コマンドを使えばよい。まず、次のように「apt-get update」を実行してメタデータをアップデートする。

「apt-get update」を実行してメタデータをアップデートする

次に、「apt-get upgrade」を実行すると、ソフトウェアやライブラリがアップグレードされる。

「apt-get upgrade」を実行すると、ソフトウェアやライブラリをアップグレードできる

出力されるメッセージからは、まだ多少荒削りな印象を受けるが、これから夏のリリースに向けてブラッシュアップされていくのではないかと思う。

ソフトウェアのインストールとアップデートができれば、そのままLinux環境として使えるはずだ。Windowsとの連携に関しては、今後の実装を具合を見ていろいろ試していくことになるが、思った以上に強力なLinuxプラットフォームとして利用できるようになりそうだ。

今回のおさらい

今回のおさらいは、次のとおりだ。

  • Ubuntu on Windowsのソフトウェアインストールは「apt-get install」で行う
  • Ubuntu on Windowsのソフトウェアアップデートは「apt-get update」、「apt-get upgrade」で行う
  • Ubuntu on WindowsとUbuntuは、ユーザーから見るとあまり違いがわからない

Ubuntu on Windowsは今のところ、Windows 10への提供が予定されているだけだ。だが、もしこの機能がWindows 7にもバックポートされるようなことになればどうだろう。減少傾向にあるとはいえ、世界最大規模のシェアを持つデスクトップOSがそのままUbuntuのプラットフォームになるという、これまで考えられなかった状況がやってくることになる。当分、MicrosoftとCanonicalの取り組みから目が離せない。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演レポート提供] OSS安全神話はこうして崩れた! 専門家が明かす裏事情

[講演レポート提供] OSS安全神話はこうして崩れた! 専門家が明かす裏事情

3月30日に開催されたマイナビセミナー「OSS重大セキュリティホールの"裏事情"」では、OpenSSL、glibc、Bash、SSL 3.0など、OSS関連の重大脆弱性混入背景について、オープンソースOS「FreeBSD」のコミッターを務める後藤大地氏が解説した。今回IT Search+では、同講演の模様をまとめたPDF形式のレポートを無償提供する。ぜひ業務…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る