[講演レポート提供] OSS安全神話はこうして崩れた! 専門家が明かす裏事情

[2016/04/18 11:49] ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

2014年に起きたOpenSSLの脆弱性(通称Heartbleed)の発覚以来、glibc(GNU C Library)、Bash、SSL 3.0など、広く普及したOSS(Open Source Software)やプロトコルに重大な脆弱性が相次いで発見されている。

オングス代表取締役、BSDコンサルティング取締役で、FreeBSDのコミッターを務める後藤大地氏

OSSの安全神話を揺るがす、こうした事態はなぜ発生してしまったのか。3月30日に開催されたマイナビセミナー「OSS重大セキュリティホールの”裏事情”」では、オープンソースOS「FreeBSD」のコミッターを務める後藤大地氏がその背景を解説。OS内の細かい動作を知る同氏が、コミュニティ間のやりとりを振り返りながら、脆弱性混入の経緯を紹介した。

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、「名前が付くほどの重大脆弱性は、どのような実装になっていたのか」「今後企業の担当者はOSSとどう付き合っていくべきなのか」「普段からどういったWebサイトで情報収集を進めるべきなのか」など、業務でも活用できる具体的な情報を掲載しているので、ぜひご覧いただきたい。

講演レポートのご案内


講演レポートは全3ページ。「OSS重大セキュリティホールの”裏事情”」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるのでぜひ一度ご覧になってください。


<PDF内容>

  • オープンソース=安全というわけではない
  • 2014年から今年にかけての重大なセキュリティ脆弱性を振り返る
  • 脆弱性発覚後、開発者達はこう動いた
  • なぜ脆弱性は発見されなかったのか?
  • 企業はOSSとどうつきあっていくべきか


>> ダウンロードはこちらから


なお、IT Search+では講演スライドも別途無料配布しております。興味のある方はこちらの記事からダウンロードしてください。

関連リンク

1360
2
[講演レポート提供] OSS安全神話はこうして崩れた! 専門家が明かす裏事情
2016-04-21 15:05:02
3月30日に開催されたマイナビセミナー「OSS重大セキュリティホールの"裏事情"」では、OpenSSL、glibc、Bash、SSL 3.0など、OSS関連の重大脆弱性混入背景について、オープンソースOS「FreeBSD」のコミッターを務める後藤大地氏が解説した。今回IT Search+では、同講演の模様をまとめたPDF形式のレポートを無償提供する。ぜひ業務の参考にしていただきたい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/04/18/oss/index.top.jpg
3月30日に開催されたマイナビセミナー「OSS重大セキュリティホールの"裏事情"」では、OpenSSL、glibc、Bash、SSL 3.0など、OSS関連の重大脆弱性混入背景について、オープンソースOS「FreeBSD」のコミッターを務める後藤大地氏が解説した。今回IT Search+では、同講演の模様をまとめたPDF形式のレポートを無償提供する。ぜひ業務の参考にしていただきたい。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る