マイナビニュースマイナビ

【レポート】注目企業が本音で討論! 新興ストレージベンダー座談会 (3) 実ユーザーから聞いたIaaSの落とし穴、SDSの可能性

[2015/12/03 08:00]齋藤公二 ブックマーク ブックマーク

話題のSDS、普及の可能性は?

Nimble 川端氏

Nimble Storage シニアセールスエンジニア 川端真氏

──コストや運用管理の点で、SDS(ソフトウェア定義ストレージ)に注目が集まっているようです。実際のところはどうなのでしょうか。Nimbleさんは、「オブジェクトストレージの分野で規模が限られていれ場合のみ有効。規模が大きくなると運用の手間がかえってコスト高を招く」と回答いただきましたが。

Nimble 川端氏:規模が小さいうちはコストもかからず、コミュニティに頼ることができるのでアリだと思います。ただ、ストレージの数が増えてくると、管理が複雑になります。カーネルのセキュリティパッチ、バージョンアップ、どれをどうマイグレーションするかといった運用をたとえば1万台に対して行っていくのは現実的ではありません。

──QNAPさんは「ストレージではハードウェアとソフトウェアの結びつきは強い状況が続く。信頼性や物理スペース/容量比などを考えると、SDSの普及はまだ先」という意見です。

QNAP(テックウィンド) 野嵜氏:SDNなどとは業界のあり方が違うこともあります。ネットワーク業界のように特定のベンダーが寡占しているような状況では、SDNをめぐって、複数のベンダーが垣根を超えて結集するといった動きがあると思います。ストレージ業界は、そうした動きは起こりにくいと感じています。

ピュア・ストレージ 阿部氏

ピュア・ストレージ・ジャパン マーケティング部長 阿部恵史氏

ピュア・ストレージ 阿部氏:3~4年前のネットワーク業界は、SDNに関してAPIが整備されて始めたものの、実際には使いにくいという状況でした。実際にお客様に話を持って行っても、ソフトウェア定義の部分はそれほど重視していませんでした。特にキャリアさんなどは、「なんでもかんでも自動でやられると困る、用途によっては人手の介在余地を残したい」というニーズも根強いという印象があります。皆さんのお客様は、そのあたり、どういった反応ですか?

Nimble 川端氏:お客様の意見を聞いていると、面倒くさいことはやりたくないという声が大きいです。基本的に忙しいので、なるべくシンプルで手間のかからない方法がいい。要求が厳しくないのであれば、できるだけ簡単にやりたい。簡単にスケールできないものは流行らないというのが私の意見です。

──ほかにはどんな課題があるのでしょうか。

Violin Memory 青野氏:日本にはストレージ専門のエンジニアが少ないという事情もあります。大企業でも意外と少ない。そうするとSDSの面倒を誰が見るかという話になります。ストレージ自体を安く作ることができても、運用管理、メンテナンスでアプライアンス型よりもメリットが出ないなら普及は難しいかと。

Violin Memory 青野氏

Violin Memory シニアテクニカルセールスマネージャー青野雅明氏

データの保全性も課題です。サーバやネットワークと違って、ストレージはお客様の大事なデータを保管しているので、万が一にでもデータをロストするような障害は許されません。SDSは本当に信頼できるものなのか、機能と価格のメリット以前に、ストレージで最も求められる「データの保全性」の課題をクリアする必要があると思います。

ピュア・ストレージ 阿部氏:データ保全に関しては、サッカーのキーパーのようなものだとよく言われます。フォワードは多少シュートミスしても、点を決めれば誉められる。対して、キーパーはどれほど好セーブを連発しても、一度でもミスして点をとられればひどく非難される。立場上、ミスが許されないわけです。

ストレージにおいては、そうした”キーパー特性”が絶対的に求められているうえ、その他の要求も以前とは比べものにならないほど厳しくなっています。今まで以上にデータの可用性を担保しながら、レイテンシーを下げ、データをすぐに出せというが市場の要求です。これに応えていかなければならない現在のベンダー/運用担当者は、相当過酷な状況に置かれていると言えます。

*  *  *

いかがだろうか? IaaSからの移行時に発生するコストの話などは、実際に使った方でないとわからない話だろう。

次回はいよいよ最終回。各社の事例と、ストレージ導入時の留意点についてご紹介していく。

シリーズ企画『新興ストレージベンダー座談会』

以下の記事も併せてご覧ください。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【インタビュー】デジタルテクノロジー時代を見据えた正しいストレージの選び方 - ガートナー鈴木氏

【インタビュー】デジタルテクノロジー時代を見据えた正しいストレージの選び方 - ガートナー鈴木氏

ビッグデータをはじめモバイルやソーシャル、クラウド、さらにはIoTやスマートマシンなどといったデジタルテクノロジーが急速に広がり始めている。ストレージの要件は今後さらに複雑化し、予測不能になるだろう。こうした中でストレージ製品も大きく変わりつつある。なかでもとりわけ変化が激しいのが、フラッシュストレージだ。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る