Frontend Webアプリケーションにおけるスタック情報の取得/設定

【連載】

AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化

【第35回】Frontend Webアプリケーションにおけるスタック情報の取得/設定

[2020/06/03 08:00]川畑 光平 ブックマーク ブックマーク

本連載では、以下のイメージの構成にあるAWSリソース基盤自動化環境の構築を実践しています。

本連載で構築していく基盤自動化環境のイメージ

前回は、RDS/DynamoDB/SQSからのキュー取得を行う、Backend Serviceアプリケーションで、Spring Cloud AWS+CloudFormationで定義した論理名を使ってスタック情報を取得し、アプリケーションの設定を行いました。それを踏まえて今回は、ALB/ElastiCache/S3といったリソースへのアクセスやSQSへのキュー送信を行うFrontend Webアプリケーションで、Spring Cloud AWSを用いて取得したスタック情報を使ったアプリケーションの設定/実装を紹介します。

なお、実際のソースコードはGitHub上にコミットしています。以降のソースコードでは本質的でない記述を一部省略しているので、実行コードを作成する場合は、必要に応じて適宜GitHub上のソースコードも参照してください。

Frontend WebアプリケーションにおけるCloudFormationスタック情報を利用した設定

まず、Mavenプロジェクトのpom.xmlで、spring-boot-starter-web、spring-boot-starter-thymeleaf、spring-cloud-starter-awsのライブラリを定義します。また、ElastiCache(Redis)へアクセスするためにはspring-session-data-redis、AWS ElastiCacheのSDKのライブラリおよびRedisのドライバとなるlettuceを、SQSのアクセスにはspring-cloud-starter-aws-messagingを追加する必要があるので、こちらも合わせて定義しておきましょう。

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.boot</groupId>
    <artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.boot</groupId>
    <artifactId>spring-boot-starter-thymeleaf</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
    <artifactId>spring-cloud-starter-aws</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.session</groupId>
    <artifactId>spring-session-data-redis</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>com.amazonaws</groupId>
    <artifactId>aws-java-sdk-elasticache</artifactId>
    <version>1.11.415</version>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>io.lettuce</groupId>
    <artifactId>lettuce-core</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
    <artifactId>spring-cloud-starter-aws-messaging</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Frontend Webアプリケーションでは、以下のような設定クラスの構成で実装します

※ アプリケーションではALBやElastiCache、S3へアクセスする実装、SQSへキュー送信する実装クラスなどもありますが、これまでの連載で踏襲した実装にしているのでここでは詳しい解説は行いません。詳細な説明は連載「AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本」の第6回第20回第26回第29回を参照してください。

コンポーネント 説明 必須
WebApp SpringBootアプリケーションを実行する起動クラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
DomainConfig サービスレイヤの設定を行うクラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
RedisConfig ElastiCache(Redis)に関する設定クラス
S3Config S3に関する設定クラス
MvcConfig Webサービスに関する設定クラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
DevConfig 開発環境に依存する内容の設定クラス。ElastiCache、S3、SQSで定義が必要なもので開発環境に依存する部分を切り出して設定する
StagingConfig ステージング環境に依存する内容の設定クラス。ElastiCache、S3、SQSで定義が必要なものでステージング環境に依存する部分を切り出して設定する
ProductionConfig 商用環境に依存する内容の設定クラス。ElastiCache、S3、SQSで定義が必要なもので商用環境に依存する部分を切り出して設定する。ステージング環境とほぼ同等となる(本来プロダクションの設定がステージングで動くようにするのがあるべき設定)のため、説明は省略する

以降では、これまでに本連載で解説した内容から差分があるものを中心に説明していきます。

設定のポイントを先に述べますが、ElastiCacheの設定としては、LettuceConnectionFactoryにCloudFormationClient経由でスタック情報から取得したエンドポイントとポートを指定します。 S3においては特別な設定は不要になりますが、アクセス対象となるバケットをスタック情報から取得します。

一方、SQSにおいては、事前にスタック情報からキューのサービスエンドポイントとリージョン、送信先のキュー名を取得してQueueMessagingTemplateに設定するかたちになります。目指すのは、プロファイルを切り替えるだけで、各環境で同じようにアプリケーションが動く実装です。

それでは、アプリケーションの設定/実装を見ていきましょう。

RedisConfig

ElastiCacheの設定クラスであるRedisConfigには、第20回で解説したときと同じく、 Redis内に保存したデータを確認するための設定のみを行います。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.frontend.config;

import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;
import org.springframework.data.redis.serializer.GenericJackson2JsonRedisSerializer;
import org.springframework.data.redis.serializer.RedisSerializer;

@Configuration
public class RedisConfig {
    @Bean
    public RedisSerializer<Object> springSessionDefaultRedisSerializer() {
        return new GenericJackson2JsonRedisSerializer();
    }
}

なお、以前連載で実装した際は、「ConfigureRedisAction」を「NO_OP」とする設定(ElastiCacheではconfigコマンドの実行が禁止されているため)を定義し、RedisのホストURLやポートはapplication.ymlに記述した環境変数で指定するかたちをとっていましたが、 今回、環境に依存する設定はDevConfigへ移管し、CloudFormationのスタック情報経由で取得します(説明は後述します)。

S3Config

S3の設定クラスであるS3Configには、第26回同様、AmazonSDKから提供されているS3クライアント「com.amazonaws.services.s3.AmazonS3」のみを定義すれば問題ありません。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.frontend.config;

import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3;
import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3ClientBuilder;

import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;

@Configuration
public class S3Config {

    @Bean
    public AmazonS3 amazonS3(){
        return AmazonS3ClientBuilder.standard().build();
    }
}

また、FrontendのWebアプリケーションでも、Backendのアプリケーションとの連携を想定してキュー送信の処理を実装していますが、SQSの設定は環境依存のパラメータを使った設定のみになるので、特に共通のSQS設定クラスは作成しません。

アプリケーション内の処理について

アプリケーション内でのS3アクセスにはバケット名が必要なので、CloudFormationのスタック情報から取得することを想定したS3バケット名を保持するコンポーネントを作成します。実装例は下記の通りです(バケット名を設定する実装例は後述します)。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws;

// omit
import org.springframework.stereotype.Component;

@Component
@AllArgsConstructor
@NoArgsConstructor
@Builder
@Data
public class S3Info {

    private String bucketName;

}

S3へアクセスするアプリケーションの処理は連載「AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本」の第27回で解説した実装と同様です。以下のように、@Autowiredでインジェクションした上記のコンポーネントから取得したバケット名を、SpringのResourceLoaderを使ってオブジェクトキーと合わせて指定すればアクセスできます。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.frontend.app.web.helper;

// omit
import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.core.io.Resource;
import org.springframework.core.io.ResourceLoader;
import org.springframework.core.io.WritableResource;
import org.springframework.stereotype.Component;

import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws.S3Info;

@Component
public class S3DownloadHelper{

    private static final String S3_BUCKET_PREFIX = "s3://";
    private static final String DIRECTORY_DELIMITER = "/";

    @Autowired
    S3Info s3Info;

    @Autowired
    ResourceLoader resourceLoader;

    @Value("classpath:sample.jpg")
    Resource imageResource;

    public BufferedImage getImage(String imageFilePath){
        Resource resource = resourceLoader.getResource(
          new StringBuilder()
                  .append(S3_BUCKET_PREFIX)
                  .append(s3Info.getBucketName())
                  .append(DIRECTORY_DELIMITER)
                  .append(imageFilePath)
                  .toString());
        BufferedImage image = null;
        try(InputStream inputStream = resource.getInputStream()){
            image = ImageIO.read(inputStream);
        }catch (IOException e){
            e.printStackTrace();
        }
        return image;
    }
    // omit

同様に、アプリケーションから参照することを目的としたSQSのキュー名を取得するコンポーネントクラスも実装しておきます。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws;

// omit
import org.springframework.stereotype.Component;

@Component
@AllArgsConstructor
@NoArgsConstructor
@Builder
@Data
public class SQSInfo {

    private String queueName;

}

アプリケーションのキューの送信処理は、連載「AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本」の第29回で解説したのと同様にSQSのキュー名を指定し、queueMessagingTemplate#convertAndSend()メソッドを実行すればOKです。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.frontend.domain.repository.async;

import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws.SQSInfo;

// omit

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.cloud.aws.messaging.core.QueueMessagingTemplate;
import org.springframework.stereotype.Component;

@Component
public class SampleRepositoryImpl implements SampleRepository{

    @Autowired
    SQSInfo sqsInfo;

    @Autowired
    QueueMessagingTemplate queueMessagingTemplate;

    @Override
    public void save(Sample sample) {
        queueMessagingTemplate.convertAndSend(sqsInfo.getQueueName(),
          sample.getSampleText());
    }

書き込みアクセス時のエラーについて

Spring Cloud AWS の2020年1月時点の最新バージョン2.2.1 RELEASEでは、ResourceLoaderによるS3書き込みアクセスがエラーとなります。Resourceを検索するデフォルトのリゾルバにS3が追加されなくなったためで、WritableResourceを使ってファイルのアップロードを行おうとすると、Caused by: java.lang.ClassCastException: org.springframework.web.context.support.ServletContextResource cannot be cast to org.springframework.core.io.WritableResourceが発生します。これを回避するには、SimpleStorageProtocolResolverにAmazonS3クライアントを加えて、オブジェクトキーを取得してください。

また、TaskExecutorが設定されておらず、Caused by: java.lang.IllegalArgumentException: TaskExecutor must not be null が発生する場合はSyncTaskExecutorをセットしましょう。

Resource newResource = resourceLoader.getResource(objectKey);
if(!newResource.getClass().getName().endsWith("SimpleStorageResource")
        && resourceLoader instanceof DefaultResourceLoader){
    SimpleStorageProtocolResolver simpleStorageProtocolResolver = new SimpleStorageProtocolResolver(amazonS3);
    simpleStorageProtocolResolver.setTaskExecutor(new SyncTaskExecutor());
    newResource = simpleStorageProtocolResolver.resolve(objectKey, resourceLoader);
}

WritableResource writableResource = (WritableResource)newResource;
try(InputStream inputStream = imageResource.getInputStream();
        OutputStream outputStream = writableResource.getOutputStream()){
    IOUtils.copy(inputStream, outputStream);
}catch (IOException e){
    e.printStackTrace();
}

DevConfigクラスの実装

続いて、開発環境向けの設定を行うDevConfigクラスを実装します。ここでは、CloudFormationで構築したスタックの情報を取得し、開発環境固有となる設定を行います。今回の実装例は以下の通りです。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.frontend.config;

import com.amazonaws.client.builder.AwsClientBuilder;
import com.amazonaws.services.sqs.AmazonSQSAsync;
import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.boot.web.client.RestTemplateBuilder;
import org.springframework.cloud.aws.context.config.annotation.EnableStackConfiguration;
import org.springframework.cloud.aws.messaging.core.QueueMessagingTemplate;
import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;
import org.springframework.context.annotation.Profile;
import org.springframework.data.redis.connection.lettuce.LettuceConnectionFactory;
import org.springframework.session.data.redis.config.ConfigureRedisAction;
import org.springframework.web.client.RestOperations;

import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws.S3Info;
import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws.SQSInfo;
import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws.CloudFormationStackInfo;
import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.log.interceptor.MDCLoggingInterceptor;

@Profile("dev")                                                                              // ...(A)
@EnableStackConfiguration(stackName = "mynavi-sample-infra-dev")                             // ...(B)
@Configuration
public class DevConfig {

    private static final String BACKEND_SERVICE_DNS = "http://localhost:8080";               // ...(C)
    private static final String S3_STACK_NAME = "S3DevStack";
    private static final String S3_BUCKET_EXPORT = "MynaviSampleS3Bucket-Dev";               // ...(D)
    private static final String SQS_STACK_NAME = "SQSDevStack";
    private static final String SQS_QUEUE_EXPORT = "MynaviSampleSQS-Dev";
    private static final String SQS_ENDPOINT_EXPORT = "MynaviSampleSQS-Dev-ServiceEndpoint"; // ...(E)
    private static final String SQS_REGION_EXPORT = "MynaviSampleSQS-Dev-Region";
    private static final String ELASTICACHE_STACK_NAME = "ElastiCacheDevStack";              // ...(F)
    private static final String ELASTICACHE_ENDPOINT_EXPORT = "mynavi-sample-cloudformation-vpc-ElastiCacheRedisEndPoint-Dev";
    private static final String ELASTICACHE_PORT_EXPORT = "mynavi-sample-cloudformation-vpc-ElastiCacheRedisPort-Dev";

    @Bean
    public RestOperations restOperations(RestTemplateBuilder restTemplateBuilder){           // ...(G)
        return restTemplateBuilder.rootUri(BACKEND_SERVICE_DNS)
          .interceptors(new MDCLoggingInterceptor()).build();
    }

    @Bean
    CloudFormationStackInfo cloudFormationStackInfo(){                                       // ...(H)
        return new CloudFormationStackInfo();
    }

    @Bean
    S3Info s3Info(){                                                                         // ...(I)
        return S3Info.builder()
          .bucketName(cloudFormationStackInfo()
                  .getExportValue(S3_STACK_NAME, S3_BUCKET_EXPORT))
          .build();
    }

    @Bean
    SQSInfo sqsInfo(){                                                                       // ...(J)
        return SQSInfo.builder()
          .queueName(cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                  SQS_STACK_NAME, SQS_QUEUE_EXPORT))
          .build();
    }

    @Autowired
    AmazonSQSAsync amazonSQSAsync;                                                           // ...(K)

    @Bean
    public AwsClientBuilder.EndpointConfiguration endpointConfiguration(){                   // ...(L)
        return new AwsClientBuilder.EndpointConfiguration(
          cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                  SQS_STACK_NAME, SQS_ENDPOINT_EXPORT),
          cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                  SQS_STACK_NAME, SQS_REGION_EXPORT));
    }

    @Bean
    public QueueMessagingTemplate queueMessagingTemplate(){                                  // ...(M)
        return new QueueMessagingTemplate(amazonSQSAsync);
    }

    /*
     * ElasitiCache is not permitted public access, use local redis server except dev environment in vpc.
     */
    @Bean
    public ConfigureRedisAction configureRedisAction() {                                     // ...(N)
        return ConfigureRedisAction.NO_OP;
    }

    @Bean
    public LettuceConnectionFactory lettuceConnectionFactory(){                              // ...(O)
        return new LettuceConnectionFactory(
          cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                  ELASTICACHE_STACK_NAME, ELASTICACHE_ENDPOINT_EXPORT),
              Integer.valueOf(cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                  ELASTICACHE_STACK_NAME, ELASTICACHE_PORT_EXPORT)));
    }

}

DevConfig設定クラスの実装のポイントは下表の通りです。

記述 説明
A Springの起動時にプロファイル「dev」が指定されたときに有効化されるよう@Profileアノテーションを設定します
B @EnableStackConfigurationのstackName属性に、 第33回でNestedStackとして作成したスタック名を指定します。この設定により指定したスタックに定義されたリソースにおける、SpringCloudAWSがサポートする自動設定が可能になります
C 可読性向上のために、Backend Serviceアプリケーションを呼び出す場合RestTemplateに設定するALBのDNSを定数値として定義します
D 可読性向上のために、S3を構築するCloudFormationテンプレートで定義した開発用のスタック名やエクスポート名を定数値として定義します
E 可読性向上のために、SQSを構築するCloudFormationテンプレートで定義した開発用のスタック名やエクスポート名を定数値として定義します
F 可読性向上のために、ElastiCacheを構築するCloudFormationテンプレートで定義した開発用のスタック名やエクスポート名を定数値として定義します
G Cで定義したALBのDNS名を用いてRestTemplate(インタフェースはRestOperations)のBean定義を行います
H 第34回と同様、AmazonCloudFormationClientからスタック情報を取得する共通のユーティリティクラスをBean定義します
I Hのユーティリティクラスから、Dで定義した定数値を使って、S3のバケット名を取得し設定します
J Hのユーティリティクラスから、Dで定義した定数値を使って、SQSのキュー名を取得し設定します
K spring-cloud-starter-aws-messagingをpom.xmlで依存性定義することで追加されるAmazonSQSクライアントをインジェクションします
L Hのユーティリティクラスから、Eで定義した定数値を用いて、SQSのエンドポイントを定義します
M KにおけるSQSクライアントのBean定義を使って、QueueMessagingTemplateをBean定義します
N ElastiCacheではconfigコマンドの実行が禁止されているため、ConfigureRedisActionを「NO_OP」に設定します
O Hのユーティリティクラスから、Fで定義した定数値を用いて、RedisConnectionFactoryを継承したLettuceConnectionFactoryをBean定義します

次に示すのは、ステージング(プロダクションも同等)環境固有の設定を行うStagingConfigの実装例です。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.frontend.config;

// omit

@Profile("staging")
@EnableStackConfiguration(stackName = "mynavi-sample-infra-staging")
@Configuration
public class StagingConfig {

    private static final String PROTOCOL = "http://";
    private static final String ALB_STACK_NAME = "ALBStagingStack";
    private static final String ALB_BACKEND_ALB_EXPORT_NAME = "mynavi-sample-cloudformation-vpc-BackendALBDNS-Staging";
    private static final String S3_STACK_NAME = "S3StagingStack";
    private static final String S3_BUCKET_EXPORT = "MynaviSampleS3Bucket-Staging";
    private static final String SQS_STACK_NAME = "SQSStagingStack";
    private static final String SQS_QUEUE_EXPORT = "MynaviSampleSQS-Staging";
    private static final String SQS_ENDPOINT_EXPORT = "MynaviSampleSQS-Staging-ServiceEndpoint";
    private static final String SQS_REGION_EXPORT = "MynaviSampleSQS-Staging-Region";
    private static final String ELASTICACHE_STACK_NAME = "ElastiCacheStagingStack";
    private static final String ELASTICACHE_ENDPOINT_EXPORT = "mynavi-sample-cloudformation-vpc-ElastiCacheRedisEndPoint-Staging";
    private static final String ELASTICACHE_PORT_EXPORT = "mynavi-sample-cloudformation-vpc-ElastiCacheRedisPort-Staging";

    @Bean
    CloudFormationStackInfo cloudFormationStackInfo(){
        return new CloudFormationStackInfo();
    }

    @Bean
    public RestOperations restOperations(RestTemplateBuilder restTemplateBuilder){
        return restTemplateBuilder.rootUri(PROTOCOL + cloudFormationStackInfo().getExportValue(
           ALB_STACK_NAME , ALB_BACKEND_ALB_EXPORT_NAME))
             .interceptors(new MDCLoggingInterceptor()).build();
    }

    @Bean
    S3Info s3Info(){
        return S3Info.builder()
             .bucketName(cloudFormationStackInfo()
                     .getExportValue(S3_STACK_NAME, S3_BUCKET_EXPORT))
             .build();
    }

    @Bean
    SQSInfo sqsInfo(){
        return SQSInfo.builder()
             .queueName(cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                     SQS_STACK_NAME, SQS_QUEUE_EXPORT))
             .build();
    }

    @Autowired
    AmazonSQSAsync amazonSQSAsync;

    @Bean
    public AwsClientBuilder.EndpointConfiguration endpointConfiguration(){
        return new AwsClientBuilder.EndpointConfiguration(
             cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                     SQS_STACK_NAME, SQS_ENDPOINT_EXPORT),
             cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                     SQS_STACK_NAME, SQS_REGION_EXPORT));
    }

    @Bean
    public QueueMessagingTemplate queueMessagingTemplate(){
        return new QueueMessagingTemplate(amazonSQSAsync);
    }

    @Bean
    public ConfigureRedisAction configureRedisAction() {
        return ConfigureRedisAction.NO_OP;
    }

    @Bean
    public LettuceConnectionFactory lettuceConnectionFactory(){
        return new LettuceConnectionFactory(
             cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                     ELASTICACHE_STACK_NAME, ELASTICACHE_ENDPOINT_EXPORT),
             Integer.valueOf(cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                     ELASTICACHE_STACK_NAME, ELASTICACHE_PORT_EXPORT)));
    }

定数値以外、クラスの構成はほぼ開発環境と同じなので詳細な説明は割愛します。 主な変更点は、ALBのエンドポイントはスタック情報から取得する実装になっているところです。

セッション共有時の留意点

Spring Cloud AWSには@EnableElastiCacheを使ったElastiCacheの自動設定サポートがありますが、用途としてはキャッシュが想定されたもので、今回のユースケースのように複数のコンテナアプリケーションからセッション共有することを目的としたサポートではありません。Springのセッション共有のスタンダードなサポートでは、Mavenで定義した通り、spring-session-data-redisを使用するからです。セッション共有の際は、spring-session-data-redisの使用方法にのっとり、LettuceConnectionFactoryでスタンドアローンモードでElastiCacheのエンドポイントとポートを指定するようにしましょう。

なお、セッション共有とキャッシュでは、可用性などの非機能要件が異なるので(キャッシュがなくても動作することが望ましいですが、共有領域にセッションデータが保存できないとアプリケーションとしては致命的です)、複数のElastiCacheを構築して、用途に応じて使い分けるようにしてください。

* * *

前回のBackend Serviceアプリケーションに引き続き、今回はFrontend WebアプリケーションでCloudFormationのスタック情報を用いて、ElastiCacheやS3、SQSキュー送信の設定情報を取得する実装方法を紹介しました。 アプリケーションで各環境ごとに変わるパラメータを環境変数として参照する実装はわかりやすくて良いのですが、環境変数の数が多くなってくると管理も大変になります。CloudFormationを使って基盤情報を構築するのであれば、環境変数を用いずとも、スタック情報から各環境ごとに変わるパラメータを取得する実装が可能です。 次回は構築したアプリケーションのコンテナイメージを作成し、「ECSクラスタ定義」「タスク定義」「サービス構築」の3点をCloudFormationテンプレートを使って実装します。

著者紹介


川畑 光平(KAWABATA Kohei) - NTTデータ 課長代理

金融機関システム業務アプリケーション開発・システム基盤担当を経て、現在はソフトウェア開発自動化関連の研究開発・推進に従事。

Red Hat Certified Engineer、Pivotal Certified Spring Professional、AWS Certified Solutions Architect Professional等の資格を持ち、アプリケーション基盤・クラウドなどさまざまな開発プロジェクト支援にも携わる。 2019 APN AWS Top Engineers & Ambassadors 選出。

本連載の内容に対するご意見・ご質問は Facebook まで。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [3] AIサービスの全体像を把握する

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [3] AIサービスの全体像を把握する

前回は、AWSの機械学習サービスの全体像と機械学習を活用する際の前提事項について説明しました。今回は、AIサービスのラインナップとそれぞれの概要(特長、ユースケース、東京リージョンでの利用可否など)を理解していただくことを目標に解説していきます。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る