マイナビニュースマイナビ

Windows TerminalとCascadia Code

【連載】

1からマスター! Windows Terminal入門

【第14回】Windows TerminalとCascadia Code

[2020/04/09 08:00]佐々木宣文 ブックマーク ブックマーク

Cascadia Codeとは

前回、Windows Terminalにおけるフォントの設定方法と、無償で利用できるフォントを紹介した。実はWindows Terminalを利用するのであれば、ほかにも使ってみてほしいフォントがある。それは「Cascadia Code」だ。 Cascadia CodeはMicrosoftが開発しているフォントファミリーで、Windows Terminalと同じくオープンソースライセンスの下に公開されている、まだ登場したばかりのフォントだ。

Cascadia Code

なぜCascadia Codeを使ってみてほしいかというと、まずこのフォントはWindows Terminalのために設計/開発されたフォントだからだ。

元々はWindows Terminalプロジェクトが開発したフォントであり、Windows Terminal自身の公開前のプロジェクト名が「Cascadia」だったためにこのフォント名になったという経緯がある。また、Windows Terminalにはその名残として、Cascadiaという言葉が使われているソースコードが一部で使われ続けている。

そもそもWindows Terminalで使うことを想定して開発されたため、ターミナルアプリケーションで見やすいフォントとなっている。また、プログラミング言語用のフォントとしても設計されているため、このフォントで記述したコードの視認性は高く、ターミナルアプリケーションだけでなくVisual Stadio Codeなどのテキストエディタにも適している。

Visual Stadio Codeを利用しているユーザーは、試しにそちらでもこのCascadia Codeを利用してみるとよいだろう。

Cascadia Codeはインストール済み

では、Windows TerminalでCascadia Codeを使えるよう設定してみよう。Githubにある公式ページからダウンロードしてインストールしてもかまわないのだが、実はWindows Terminalを導入していれば、Cascadia Codeはすぐに利用できるようになっている。

執筆時時点のプレビュー版のWindows TerminalにはCascadia Codeが同梱されており、Windows Terminalを入れることで自動でCascadia Codeもインストールされるようになっている。

Windowsの設定から個人用設定を選択し、左のメニューで「フォント」を選択すると、使用可能なフォントを検索できる。ここでCascadiaを検索すると、次のようにすでにインストールされていることがわかるはずだ。

設定の「フォント」からCascadia Codeを検索

同梱されているCascadia Codeのバージョンは、インストールされているWindows Terminalのバージョンに依存する。執筆時時点の最新のWindows Terminal v0.10に入っているCascadia Codeのバージョンは1911.210となっている。

Windows Terminal v0.10に同梱されているCascadia Codeのバージョン

Windows TerminalにはCascadia Codeのレギュラーの等幅フォントのみが同梱されている。Windows Terminalの一部であるためCascadia Codeのみを削除することは残念ながらできないが、Windows Terminal自身が軽量なアプリケーションなので気になることはないだろう。

「Cascadia Codeのみを削除」といったことはできない

Cascadia Codeを設定してみよう

Windows Terminalに付属しているCascadia Codeではあるが、Windows Terminalのデフォルトのフォントとして設定されてはいない。前回紹介したが、Windows Terminalの標準のフォントにはWindows 10標準付属の「Consolas」が使われている。

同梱されているCascadia Codeを利用するにはフォント設定を行う必要がある。Windows Terminalのフォント設定は、設定ファイル内の各シェルごとに設定項目「fontFace」で指定するようになっている。例えば、PowerShellにCascadia Codeを利用したいのであれば、次のように設定する。

「Cascadia Code」を設定

フォント設定は設定を保存するとすぐにWindows Terminalに反映され、次のようにCascadia Codeフォントに切り替わる。

Consolasフォント(左)とCascadia Codeフォント(右)

Cascadia Codeには”クセ”がある

Cascadia CodeはMicrosoftが開発しており、Windows TerminalやVisual Stadio Codeで問題なく利用できることやオープンソースライセンスを採用していることから、将来はWindowsの標準付属フォントの一つになるかもしれない。Windows Terminalの標準のフォントが今後、ConsolasからCascadia Codeに変わる可能性もある。

しかしながら、Cascadia Codeには次のような「合字(リガチャ[Ligature])」があるために、標準フォントにはならない可能性も十分に考えられる。

Cascadia Codeの合字

合字自体は言語に応じて存在するわけだが、プログラミング言語にも合字文化が使われるケースが出てきており、Cascadia Codeはそれに対応したフォントとなっている。この合字が少々クセが強く、同梱のCascadia Codeを利用する場合には注意が必要となる。この合字については次回、説明したい。

また、Cascadia CodeにはWindows Terminalの付属フォントのほかにもいくつかのフォントが公開されており、それらのフォントをダウンロードしてWindows Terminalで利用することも可能だ。Cascadia Codeのその他のフォントについても次回併せて紹介しよう。

参考資料

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る