カスタマイズ - バックグラウンド編

【連載】

1からマスター! Windows Terminal入門

【第8回】カスタマイズ - バックグラウンド編

[2020/02/27 07:00]佐々木宣文 ブックマーク ブックマーク

背景をカスタマイズしてみよう

前回、Windows Terminalにおけるカラー設定について紹介した。Windows Terminalは簡単にカラー設定が行えるようになっており、好きな背景色、前景色に設定を変えて自分好みのWindows Terminal環境を手にすることができるようになっている。

実はWindows Terminalには、カラー設定以外にも、バックグラウンドに画像ファイルを指定したり、透過させたりできる設定が用意されている。背景の画像化や透過に関する設定は、それぞれ次のような項目を「”profiles:{}”」内で指定するようになっている。

画像に関する項目 初期値 内容
backgroundImage なし バックグランドに画像ファイルを指定
backgroundImageOpacity 1 画像ファイルの鮮明度
backgroundImageStretchMode uniformToFill ウインドウサイズに対する画像ファイルの表示方法
backgroundImageAlignment center ウインドウ内の画像ファイルの位置
透過に関する項目 初期値 内容
useAcrylic false 透過効果の有効無効
acrylicOpacity 0.5 透過時の透明度

バックグラウンドに画像を設定する

実際に画像ファイルをバックグラウンドに設定してみよう。背景を画像ファイルにする設定には、「”backgroundImage”」を利用し、値に使用したい画像のフルパスを記述する。以下では、例としてWindowsの壁紙(“C://Windows/Web/Wallpaper/Theme1/img4.jpg”)を指定している。

背景にWindowsの壁紙を設定

背景が指定した画像になった

背景を画像にした場合の画像の扱いに関する設定項目も、いくつか用意されている。「”backgroundImageOpacity”」という項目を追加してみよう。値は0から1の浮動小数点を指定できる。デフォルトの値は「”1.0”」となっているが、ここでは例として「”0.5”」を指定している。

背景の画像ファイルの鮮明度の設定

背景画像が不鮮明になる

少々わかりにくいかもしれないが、背景に設定した画像ファイルの鮮明度が低くなっている。backgroundImageOpacityに指定する値が小さければ小さいほど画像が不鮮明となり、代わりに背景に設定されているカラーが強くなっていく。Powershellのデフォルトの背景色が青のため、ここでは青みがかった感じとなったわけだ。

試しに次のように背景色を赤に設定し、backgroundImageOpacityの値を変えてみると、かなりの違いが見て取れるだろう。

背景色が赤でbackgroundImageOpacityの値を0.25にした場合

背景色が赤でbackgroundImageOpacityの値を0.75にした場合

「”backgroundImageStretchMode”」と「”backgroundImageAlignment”」は、ウインドウに対する画像ファイルの表示方法を規定できる項目だ。設定できる値はそれぞれ次のようになっている。

backgroundImageStretchModeの値 内容
none ウインドウサイズに関係なく画像ファイルのサイズで表示
fill 常にウインドウサイズに合わせた画像で表示
uniform 画像ファイルの縦横非が変わらない状態で表示
uniformToFill 画像ファイルの縦横比を変えず、かつウインドウ全体に表示
backgroundImageAlignmentの値 内容
center ウインドウの中心に画像を合わせる
left ウインドウの左に画像を合わせる
topLeft ウインドウの左上に画像を合わせる
top ウインドウの上に画像を合わせる
topRight ウインドウの右上に画像を合わせる
right ウインドウの右に画像を合わせる
bottomRight ウインドウの右下に画像を合わせる
bottom ウインドウの下に画像を合わせる
bottomLeft ウインドウの左下に画像を合わせる

backgroundImageStretchModeとbackgroundImageAligmentの設定例

ウインドウサイズに関係なく、画像ファイルの右下側を表示

画像ファイルの表示設定は、利用する画像ファイルをどう表示させたいかによって異なってくる。これら2つの設定をうまく活用して、調整してもらいたい。

バックグラウンドを透過にする

Windows TerminalはWindowsの視覚効果の1つであるウインドウの透明効果を適用できるようになっており、設定によってバックグラウンドを透過して利用できるようになっている。

この機能を利用するにはまず、Windows側で透明効果が有効になっている必要がある。透明効果の設定はWindowsのスタートメニューにある「設定」アイコンから「個人用設定」を開き、「色」メニュー内の「透明効果」で行う。

次のように透明効果を「”オン”」に設定すると、設定ウインドウの左側のメニュー部分が透過になるはずだ。

「設定」の「個人用設定」にある「色」設定内の「透明効果」

Windows Terminal側でのウインドウの透過は「”useAcrylic”」で有効化できる。この項目はデフォルトで「無効(false)」に設定されているため、次のように明示的に「有効(true)」にする必要がある。設定を有効にすると、Windows Terminalの背景からデスクトップの背景が透けて見えるようになる。

背景を透過モードに設定

透過モードとなったWindows Terminal

この透過モードでは、透明度のレベルも設定できるようになっている。設定項目は「”acrylicOpacity”」だ。デフォルトの値は「”0.5”」になっており、0から1の浮動小数点で指定できる。例えば、次のように「”0.1”」を指定すると、より透明度が上がる。

透過度の設定

透明度が上がる

透明度は、背景に設定されているカラーによって見た目が変わる。Powershellの標準の背景カラーである「”青”」とデスクトップの背景が同系の「”水色”」であれば単純に透過したように見えるが、acrylicOpacityの値を0.5にして背景色を赤色に設定した場合は、次のような感じに見える。

デスクトップが水色、透明度が0.5、背景色が赤の場合

なおバックグラウンドに画像ファイルを指定し、かつ背景を透過に設定した場合はどうなるかと言うと、画像ファイルの設定が優先される。バックグラウンドの画像ファイルを透過させるといったことはできない。また、バックグラウンドの背景の画像化や透明化の設定はPowerShellやWSL環境に対しては適用できるが、コマンドプロンプトに対しては設定しても反映はされない。

“粋”なバックグラウンドで作業を

Windows Terminalはカラー設定だけでなく、バックグラウンドに画像ファイルを配置したり、透過させたりといったユーザー心をくすぐる設定機能が提供されている。今回挙げたバックグラウンドの設定は、作業のしやすさという観点から変えるというよりも、より嗜好性の高い項目ではないかと思う。

自分にとって”エモい”画像をバックグラウンドに設定しても良いし、見た目重視で透過を設定して使用するのもユーザーの自由だ。作業効率が全てではないし、何よりユーザーにとって快適なWindows Terminalライフを手に入れることが重要だ。今回紹介した設定を基に、Windows Terminalをいい感じにカスタマイズしてみてほしい。

参考資料

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る