IoT/ARで製造業はどう変わる? LiveWorx 2018で展示された事例の数々

[2018/06/26 09:00]鈴木恭子 ブックマーク ブックマーク

「ThingWorx」+「FactoryTalk」で生産性を向上!

また、会場では、2018年6月11日に戦略的パートナーシップを発表したロックウェル・オートメーション(以下、ロックウェル)の工場自動化ソリューションである「FactoryTalk」と、PTCのThingWorxや産業用通信接続ソフトウェア「Kepware」とを組み合わせた、工場の最適化に関するデモも見ることができた。

ロックウェルのFactoryTalkとPTCのKepwareを組み合わせたデモ

今回の提携により両社は、ThingWorxとFactoryTalkを統合し、FactoryTalkの管理画面のなかにThingWorxのアセットモニタリングなどを組み合わせ、単一の管理画面から工場全体を管理できる「統合情報ソリューション」を提供できるようになる。

例えば、ThingWorxで収集したIoTデータを基に製造効率の向上やシステム最適化のモデルを作り、「FactoryTalk MES(製造実行システム)」で分析した上で実行に移すといった操作も1つの管理画面で実行できる。

PTCでは「両社の提携で実現する統合情報ソリューションによって、生産性の向上やプラント効率の向上、運営リスクの低減、システム連携の向上が実現できる」としている。

FactoryTalkとThingWorxとの統合で管理業務の効率化を目指す。画面はFactoryTalkの管理画面にThingWorxのUI(右上赤枠部分)を組み込んだ様子

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「LiveWorx 2018」開幕 - エコシステム連携強化でエンプラIoTの主導権を握る

「LiveWorx 2018」開幕 - エコシステム連携強化でエンプラIoTの主導権を握る

米PTCは6月17日から4日間、米国マサチューセッツ州ボストンにおいて、同社のプライベートカンファレンス「LiveWorx 2018」を開催している。本稿では、同社プレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務めるジェームズ E. ヘプルマン氏が登壇した基調講演の内容を中心に同カンファレンスの模様をお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る