協和エクシオ、情報通信事業の業務改善に「IBM API Connect」を採用 [事例]

[2018/01/11 12:05] ブックマーク ブックマーク

  • 開発ソフトウェア
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

開発ソフトウェア

日本IBMは1月10日、協和エクシオがAPI運用の包括ソリューション「IBM API Connect」を採用したと発表した。

効率化による収益力の強化と事業ポートフォリオの再構築を推進する協和エクシオでは、その一環として昨年、ESB製品「IBM Integration Bus」を導入。会計、人事給与、物品調達などの基幹システム間の情報連携の標準化を進めてきた。

今回さらに、API共通基盤としてIBM API Connectおよび「IBM DataPower Gateway」を採用。これにより、各事業部門の工事管理システムから、基幹システムの情報や法規制、産業廃棄・撤去など全事業部門に共通する機能をAPI経由で利用可能にする。

同社は、APIによってサービス化した機能を組み合わせる開発手法を用いることで、工事管理に関連するシステムの開発生産性の向上と現場への迅速な展開を推進するとしている。将来的にはAPIによるグループ会社との連携も視野に入れ、広くAPI基盤を活用していく予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3386
2
協和エクシオ、情報通信事業の業務改善に「IBM API Connect」を採用 [事例]
日本IBMは1月10日、協和エクシオがAPI運用の包括ソリューション「IBM API Connect」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本IBMは1月10日、協和エクシオがAPI運用の包括ソリューション「IBM API Connect」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る