マイナビニュースマイナビ

プラットフォーム別Vim準備方法

【連載】

イマドキのテキストエディタ事情

【第10回】プラットフォーム別Vim準備方法

[2017/11/13 10:38]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

今回はVimの準備方法を解説しよう。とはいっても、UNIX系OSではあらかじめインストールされているので、確認作業になるがご紹介しておく。

UNIX系OSのVim

VimのインストールはUNIX系のオペレーティングシステムであれば簡単だ。最近では最初から導入されていることが多いので、そもそもインストールする必要もないだろう。

例えばCentOS 7の場合、次のように最初からviコマンドがインストールされている。vimコマンドはインストールされていない(ように見える)が、viコマンドはインストールされている。

viコマンド on CentOS

このviコマンドを実行すると、次のような画面を確認できるはずだ。

CentOSではviコマンドの本体はvimコマンドになっている。viと実行すればVimが起動する仕組みだ。

viコマンドの本体はvim on CentOS

macOSだともっとわかりやすい。viコマンドとvimコマンドが最初からインストールされているように見えるが、次のように本体はVimであることがわかる。

macOSでも最初からvimがインストールされている

実行すると次のようにvimコマンドが起動することを確認できる。

vim on macOS

デフォルトでインストールされているVimは古いので、もっと新しいVimが使いたいならパッケージ管理システムやHomebrewを使って新しいバージョンをインストールすればよいだろう。なにはともあれ、UNIX系オペレーティングシステムならVimの導入は簡単だ。

WindowsでのVim

問題はWindowsプラットフォームを使っている時だろう。

Windows 7よりも前のバージョンを使っている場合には、vim.orgのダウンロードページからWindows向けのインストーラをダウンロードしてきてインストールすればよい。

www.vim.org

vimインストーラ

Windows向けのインストーラには単体で起動可能なGUI版であるgVimと、コマンドプロンプトで実行するVimの双方が含まれている。

gVim on Windows 7

Vim on CMD on Windows 7

Windows 10を使う場合だが、Windows 10 Fall Creators Updateにアップグレードした方は、アプリストアからUbuntuをインストールしてそちらのVimを使ってもらえればと思う。未アップデートの方は、上記のWindows版インストーラを使うのがよいだろう。

なお、Windows 10 Fall Creators Updateにおいては「Windows Subsystem for Linux」がWindows 10のデフォルト機能として組み込まれている。そのため、アプリストア経由でWindows 10にUbuntuがインストールできる。

LinuxやmacOSとスキルの共有も可能だし、なにかと便利なので、Vim単体でインストールするよりもUbuntuを使ったほうがよいだろう。インストールしたLinux側からWindows側のファイルにもアクセスできるので、基本的にこれで事足りることが多い。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る