Visual Studio Codeの提案型拡張機能

【連載】

イマドキのテキストエディタ事情

【第8回】Visual Studio Codeの提案型拡張機能

[2017/09/20 11:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

Web関連以外の言語のために機能拡張

Visual Studio Codeはデフォルトの状態では比較的Web開発向けの機能が多く用意されている。もちろんそれ以外のプログラミング言語もスムーズに編集できるが、Web技術以外のプログラミング言語を使う場合にはそれに合った拡張機能を導入することでさらに便利になる。このあたりの機能はほかのモダンエディタと同じだ。

拡張機能を表示すると次のように特に人気の高い拡張機能の一覧が表示される。この中から選ぶだけでもなかなか面白い。

Visual Studio Codeの拡張機能一覧表示

Visual Studio Codeの拡張機能はなかなかよくできている。テキストフィールドにキーワードを入力すると、そのキーワードで絞り込まれた拡張機能が表示されるので、欲しい機能がある場合は、テキストフィールドに関連する単語を入力するなどして検索しながら探していく。

Vim系の操作を追加する拡張機能を検索

Vim拡張機能インストールしてみよう

ここではこれまでほかのモダンエディタでやってきたように、Vimの操作を実現する拡張機能をインストールする。

テキストフィールドにvimと入力すると絞り込むことができる。一番インストール数が多い拡張機能を選んで「インストール」をクリックしてみよう。拡張機能をクリックすると使い方を表示できるので、ざっと読んでおくとよい。

使い方はほかのモダンエディタのVim系拡張機能とほとんど同じだ。ノーマルモードで:を入力するとコマンドパレットが起動し、そこでVim系の命令を実行できる仕組みになっている。

iやaで挿入モードに入り、ESCでノーマルモードに戻ってくる。基本的な移動操作が利用でき、置換や検索も動作する。なかなかグッドな拡張機能だ。

Vim拡張機能の使い方を表示

Vimの操作方法で利用するVisual Studio Code

拡張機能の提案にも注目

Visual Studio Codeでは拡張機能の「提案」機能も充実している。

推奨できる拡張機能があるときには、ファイルを開いた段階などでその拡張機能が提案されてくる。提案に従って操作していくと拡張機能のインストールダイアログに移動するので、そこで拡張機能をインストールできる仕組みだ。

推奨拡張機能が提案される

提案から拡張機能インストールの流れはスムーズ

関連する推奨拡張機能も表示されるので、そのあたりも必要に応じてインストールしてみればよいだろう。アンインストールも簡単にできるので、いったん入れて試してみることをお薦めしたい。

関連するほかの推奨拡張機能も表示される(画面左下)

欲しい拡張機能と推奨された拡張機能をインストールした状態

*  *  *

Visual Studio Codeの拡張機能はほかのモダンエディタの拡張機能と比べてもよくできている印象を受ける。実用的な拡張機能が多く、かなりの作業効率向上に結びつきそうだ。

GitHubとの連携機能もデフォルトで提供されている。使用している基盤技術はAtomと同じ。Atomを選ぶかVisual Studio Codeを選ぶかはなかなか選択が難しいところだ。

これまで特に最近話題に上ることが多いモダンエディタについて取り上げた。これらが提供している機能はかなり似ている。お互いに良い部分を真似ることもあるだろうから、以前は一部にしかなかった機能も後のバージョンで追加されるなど、区別をつけるのが難しい。

エディタは好みや癖が現れるところなので、いったん一つのエディタに慣れてしまうとほかのエディタを試す機会がなくなりがちだ。しかし、最近のモダンエディタはどれも試してみる価値あり。ぜひ試してもらえればと思う。

次回は、これまで機能拡張の例として紹介してきたVimそのものを取り上げようと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3091
2
【連載】イマドキのテキストエディタ事情 [8] Visual Studio Codeの提案型拡張機能
Visual Studio Codeはデフォルトの状態では比較的Web開発向けの機能が多く用意されている。もちろんそれ以外のプログラミング言語もスムーズに編集できるが、その場合は適した拡張機能を導入することでさらに便利になる。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/09/20/edt8/350-250.jpg
Visual Studio Codeはデフォルトの状態では比較的Web開発向けの機能が多く用意されている。もちろんそれ以外のプログラミング言語もスムーズに編集できるが、その場合は適した拡張機能を導入することでさらに便利になる。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る