[講演レポート提供]モバイルからAIへ! グーグル社員が解説する「Google I/O 2017」の勘所

[2017/08/21 10:25] ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

米Googleが今年5月に開催した開発者向け年次カンファレンス『Google I/O 2017』。同カンファレンスは重要な新技術・サービスが発表されることも多く、毎年注目を集めている。今年は、「モバイルファーストからAIファーストへ」という方針が打ち出されたことが大きな話題となった。

6月6日に行われた第46回IT Search+スペシャルセミナーでは、「グーグル社員が教えるGoogle I/O 2017 徹底解説」と題し、Google Developer Relationsチーム プログラムマネージャーを務める鈴木拓生氏が登壇。GoogleのAI活用のほか、Android周辺の最新事情やGoogle I/O 2017で発表された新技術について解説を繰り広げた。

Google Developer Relationsチーム プログラムマネージャー 鈴木拓生氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で紹介されたGoogleにおけるAI活用サービスやAndroid O、VRプラットフォーム「Daydream」、AR技術「Tango」などについてダイジェストでまとめている。ぜひご一読いただきたい。

講演レポートのご案内


全2ページから成る講演レポートでは、「グーグル社員が教えるGoogle I/O 2017 徹底解説」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。


<PDF内容>

  • AIで何ができるのか?
  • 「Google Lens」「Google アシスタント」とAI
  • Android 周辺の最新事情
  • Google I/O 2017で発表された新技術の数々

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

目指すは「機械学習の民主化」- Googleが考えるビッグデータ・AI活用の在り方

目指すは「機械学習の民主化」- Googleが考えるビッグデータ・AI活用の在り方

Googleは過去15年にわたりビッグデータ基盤を構築してきた。この取り組みが今、新しいビジネス価値を生み出す機械学習の領域にシフトしつつある。本稿では、5月23日から24日にかけて開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2017」にてグーグル・クラウド・ジャパン Google Cloud パートナービジネスマネージャ 山本圭氏が講演した「…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る