マイナビニュースマイナビ

デジタルビジネスへの大転換期! 2020年を見据え、企業は今何をなすべきか?

[2017/05/11 08:00]小池 晃臣 ブックマーク ブックマーク

時代はSFからSNFへ - あなたはどのシナリオを選ぶのか?

進化するテクノロジーを次から次へと活用していると、ある時、何がどのようによいのかわからなくなることも少なくない。そこで亦賀氏は「原点に返って思い出してほしい」として、People Centricの合言葉「何とかならないか」を挙げた。

「改めて業務を見直した際に、紙による処理や待ち行列など、『何とかしたほうがいいよね』という部分が見えてくれば、もうチャンスです。既存の業務ファーストやテクノロジーファーストをゴールにせず、ステークホルダーに対してどうしたいのかという視点を忘れないようにしてください」(亦賀氏)

全てがデジタル化される時代の到来により、これまでSF(Science Fiction)だった世界が、SNF(Science Non Fiction)に変わることになる。だから今こそ、SNFの時代に対応できるよう、業務にテクノロジーを合わせる業務中心型ビジネスから、ビジネスをテクノロジーでドライブするテクノロジー駆動型ビジネスへの変化が強く求められるのである。

SNFの時代に備えるべく具体的な計画策定に着手する/出典:ガートナー(2017年4月)

「さまざまな事柄がもはや夢ではなく、現実となる時代が目の前に迫っています。2020年までは準備期間と捉え、リテラシーと体力をつけるための期間とすべきでしょう。これらは意識しないと身に付かないからです。SNFの時代に対応できるようにプランを立てて、具体的な計画策定に着手してください。現状維持のパターンか、トランスフォーメーションパターンか、いずれのシナリオを選ぶのかは、皆さん次第だと付け加えておきたいと思います」──亦賀氏は会場にこう投げかけ、講演を締めくくった。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

クラウド時代のアプリケーション基盤はどう選ぶ? サービス選定「7つの切り口」

クラウド時代のアプリケーション基盤はどう選ぶ? サービス選定「7つの切り口」

近年、アプリケーションプラットフォームとしてクラウドを選択する企業が増えている。だが同時に、クラウドの採用を決めたは良いものの、ベンダーの選定に頭を悩ませている――そんな企業も多いことだろう。3月16~17日に開催された「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」では、ガートナー ジャパン リサーチ ディレ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る