日本医療データセンター、統計サービス基盤として「IBM API Connect」を採用 [事例]

[2017/04/19 15:15] ブックマーク ブックマーク

日本IBMは4月19日、日本医療データセンターが提供する医療統計データサービスの基盤として、API運用の包括ソリューション「IBM API Connect」(以下、API Connect)を採用したと発表した。今回開発したAPI基盤は、日本医療データセンターが2017年4月下旬より提供を開始する健康年齢算出サービスに活用される。

日本医療データセンターでは2016年6月、健康診断のデータを元に健康状態をわかりやすく伝えるための指標「健康年齢」を開発。膨大な医療データの統計解析結果を活用した新サービスの提供を開始したところ、さまざまな業界から「自社サービスに組み込みたい」という要望が寄せられたという。

そこで、APIを通じて健康年齢のデータを提供するために、API運用にかかわる作成・実行・管理・保護機能を包括的に提供するAPI Connectと、APIを通じたデータ連携に必要となるセキュリティ機能を提供する「IBM DataPower Gateway」を組み合わせたAPI基盤を開発するに至った。同API基盤は、利用制限や課金の仕組み、ログの収集などAPI管理に必要な機能を実装する。

日本医療データセンターでは、健康年齢を算出する仕組みをAPIとして提供することで、従来から提供する組織・企業向けサービスに加えて、個人の健康度を見える化したり、生活習慣改善の効果を測定したりといった、新たな個人向けサービスの創出を推進するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

医療情報基盤、医療従事者専用デジタルサイネージにクラウドサービスを採用 [事例]

医療情報基盤、医療従事者専用デジタルサイネージにクラウドサービスを採用 [事例]

情報技術開発は3月22日、同社のクラウド型サイネージ管理サービス「DAiS Signage」が、医療情報基盤が提供する医療従事者専用デジタルサイネージ「MEDIP VISION」の新システム基盤として採用されたと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る