[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (7) switch文

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (7) switch文

[2016/09/19 07:00] ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

【問題】 JavaScriptの多岐分岐(switch文)の説明で正しいものを選びなさい。

A. defaultブロックは必ず1回は処理が行われる。
B. switch文で指定された式の値ごとにcaseブロックを記述する。
C. break文によってswitchブロックから外に抜け出す。
D. switch文の条件式にはtrueかfalseとなる式を記述する。

【答え】 B、C

break文によってswitchブロックから外に抜け出した場合にはdefaultブロックは呼ばれないのでAは誤りです。条件式の結果が真/偽以外の場合にswitch文を利用するのでDは誤りです。その他は記述の通りなのでB、Cは正解です。

>> 問題 一覧ページはこちら

出展書籍


HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』

「HTML5プロフェッショナル認定試験」の「レベル2」対応の解説書。大人気JavaScript勉強会「JSオジサン」のメンバーが執筆。全320ページ。

「レベル2」は「HTML5を活用した動的なWebアプリケーションを開発・設計・製作できる。」スキルを備えているIT技術者であることを認定するもので、Webシステム開発者、スマートフォン アプリ開発者、フロントエンド プログラマー、HTMLコーダー、サーバサイド エンジニア、Webデザイナー、Webディレクターといった職種の方々を対象にしています。

<目次>

  • Chapter1 速習JavaScript入門
  • Chapter2 JavaScriptの文法
  • Chapter3 WebブラウザにおけるJavaScript API
  • Chapter4 さまざまなHTML5関連API

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[実力試し] 想定問題一覧  HTML5 プロフェッショナル 認定試験 レベル2

[実力試し] 想定問題一覧 HTML5 プロフェッショナル 認定試験 レベル2

IT Search+では、マイナビ出版発行の書籍『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から練習問題を引用し、出題しています。皆さまの実力をお試しください。

関連リンク

ページの先頭に戻る