[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (5) ガーベージコレクション

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (5) ガーベージコレクション

[2016/09/14 07:00] ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

【問題】 JavaScriptの処理系のガーベージコレクションの説明で正しいものを選びなさい。

A. number型のオブジェクトに0が代入された場合にガーベージの対象となる。
B. 他のオブジェクトから参照されなくなった場合にガーベージの対象となる。
C. 不要となったメモリの領域を自動的に解放する処理をガーベージコレクションと呼ぶ。
D. ヒープ領域の使用領域の割合に関わらず、不要と判断されたら直ちにオブジェク トが破棄される。

【答え】 B、C

ガーベージコレクションは、不要となったメモリの領域を自動的に解放する処理であり、他のオブジェクトから参照されなくなった場合に不要と判断されるのでB、Cが正解です。 number型のオブジェクトに0が代入されても不要と判断されませんのでAは誤りです。ガーベージコレクションの実行タイミングは一般的にヒープ領域の使用領域が一定の割合を超えた場合なのでDは誤りです。

>> 問題 一覧ページはこちら

出展書籍


HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』

「HTML5プロフェッショナル認定試験」の「レベル2」対応の解説書。大人気JavaScript勉強会「JSオジサン」のメンバーが執筆。全320ページ。

「レベル2」は「HTML5を活用した動的なWebアプリケーションを開発・設計・製作できる。」スキルを備えているIT技術者であることを認定するもので、Webシステム開発者、スマートフォン アプリ開発者、フロントエンド プログラマー、HTMLコーダー、サーバサイド エンジニア、Webデザイナー、Webディレクターといった職種の方々を対象にしています。

<目次>

  • Chapter1 速習JavaScript入門
  • Chapter2 JavaScriptの文法
  • Chapter3 WebブラウザにおけるJavaScript API
  • Chapter4 さまざまなHTML5関連API

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[実力試し] 想定問題一覧  HTML5 プロフェッショナル 認定試験 レベル2

[実力試し] 想定問題一覧 HTML5 プロフェッショナル 認定試験 レベル2

IT Search+では、マイナビ出版発行の書籍『HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 対策テキスト&問題集』から練習問題を引用し、出題しています。皆さまの実力をお試しください。

関連リンク

ページの先頭に戻る