[講演レポート提供]"なんちゃって"を脱却し、真のハイブリッドクラウドを実現する方法

[2019/01/21 08:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなど異なるサービスの利点を組み合わせてITを最適化していく「ハイブリッドクラウド」。そのメリットを享受すべく、実現に取り組んでいる企業も多いだろう。

だが、日本マイクロソフト パートナー技術統括本部 パートナーソリューションプロフェッショナルの高添修氏は、「現状では仮想化基盤とクラウドを混同した”なんちゃってハイブリッドクラウド”も多い」と指摘する。

では、”真のハイブリッドクラウド”とはどういったものなのか。実現するには、何が必要なのか。

第98回IT Search+スペシャルセミナーでは、「”なんちゃってハイブリッドクラウド”を駆逐せよ! ? 他社に誇れるインフラの作り方」と題し、高添氏が登壇。そもそもクラウドとは何かというところから、ハイブリッドクラウドのあるべき姿、そして今、注目を集める「エッジ」の概念について解説を繰り広げた。

日本マイクロソフト パートナー技術統括本部 パートナーソリューションプロ フェッショナル 高添修氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で語られた内容を基に、真のハイブリッドクラウドの姿を明らかにすると共に、ハイブリッド”な”クラウド活用手段としてのエッジの考え方について、ダイジェストでまとめている。社内インフラの構築担当者はぜひ参考にしていただきたい。

講演レポートのご案内

全3ページから成る講演レポートでは、「”なんちゃってハイブリッドクラウド”を駆逐せよ! ? 他社に誇れるインフラの作り方」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。

<PDF内容>

  • クラウドとは何か?
  • 改めて考える「ハイブリッドクラウド」
  • 「エッジ」という概念
  • インフラとしてのエッジを考える




>> ダウンロードはこちらから


※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供] 現実解はハイブリッド

[講演資料提供] 現実解はハイブリッド "な" クラウド! 他社に誇れるインフラ講座

「今エンタープライズで話題のエッジですが、この技術にはハイブリッドなシナリオが見え隠れします」――ハイブリッドクラウド研究会を立ち上げるなど、最新のインフラ技術に詳しい日本マイクロソフト 高添 修氏の一言だ。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る