日本住宅パネル工業、人事関連システムを「Oracle Cloud」へ全面移行 [事例]

[2018/09/06 18:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本オラクルは9月6日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行/稼働を開始したと発表した。

日本住宅パネル工業では従来、社内ポータルや会計/人事給与、販売/工事管理などのシステムをオンプレミスのハウジング環境で利用しており、システム専任部門はなく、他業務の担当者が兼任で運用管理を行っていた。そうしたなかで、日々の運用管理業務やサーバ更新のたびに発生する機器調達コスト/移行の労力などが課題視されていたのだという。

そこで、全体のコストパフォーマンス向上を目的に、各システムのパブリッククラウドへの移行を計画。その第1弾として、国産ERPと他社製データベースから成る人事関連システムのクラウド移行から検討を開始した。

主要なクラウドベンダーを比較した結果、Oracle Cloudへの全面的な移行を決定。オラクルが開催する無償ハンズオントレーニングへの参加やマニュアルを活用して1カ月で移行を完了し、2018年7月より稼働を開始した。採用にあたっては、他社サービスに比べてコスト面のメリットが大きかったことやパフォーマンスが高かったこと、短期間での導入/移行が可能であることなどが評価されたとしている。

日本住宅パネル工業では、今回の人事関連システムの移行と併せて、自社で運用している基幹システムのバックアップをOracle Cloudへ格納する仕組みも導入。今後は、基幹システムの移行も計画しているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4019
2
日本住宅パネル工業、人事関連システムを「Oracle Cloud」へ全面移行 [事例]
日本オラクルは9月6日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行/稼働を開始したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/09/06/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは9月6日、日本住宅パネル工業協同組合が、人事関連システムを構成するハードウェア基盤を刷新し、「Oracle Cloud」へ全面的に移行/稼働を開始したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る