Azure Stack IaaSを利用する - 仮想マシンのテンプレート(その2)

【連載】

プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門

【第32回】Azure Stack IaaSを利用する - 仮想マシンのテンプレート(その2)

[2018/06/01 08:00]高添 修 ブックマーク ブックマーク

クラウド

連載目次

前回、Azure Stackにおいて「仮想マシンのテンプレート」を運用するには、3つの機能を理解する必要があるとお伝えしました。今回は、そのなかの1つ「OSやアプリケーションがプリインストールされている仮想マシンイメージ - Marketplace」を準備する方法について解説します。

ちなみに、Marketplaceの管理は管理者の仕事なので、Azure Stackでも管理者用のIDやポータルを使って実施することになります。

Azure Stack Marketplace のアイテムはAzureから取得できる

Azure StackがAzureとの継続性を意識していることはご存じでしょうが、それを強く感じることができる機能の1つにMarketplaceの連携があります。

Azure Stack管理者ポータルの画面

Azure Stackの管理者ポータルには「Marketplace management」という管理メニューが用意されています。まずはこのMarketplace managementをクリックしてみましょう。次のように、Marketplace managementの画面が表示されます。

Marketplace managementの画面

さて、このMarketplace managementの画面で注目していただきたいのは「Add from Azure」ボタンです(上記画面の赤枠内)。このボタンをクリックすると、パブリッククラウドであるAzureのMarketplaceアイテムのなかで”Azure Stackでも利用可能なアイテム”がリスト化されます。表示された状態がこちらです。

Azure Stackに展開可能なAzure上のMarketplaceアイテム一覧

管理者はこのリストのなかから必要なアイテムをクリックします。アイテムの説明文やライセンスに関する記述を確認しつつ「Download」ボタンをクリックすれば、Azureのデータセンターから環境がダウンロードされ、Azure Stackの利用者画面に表示されます。

Azure Stack上にアイテムを持ってくるための「Download」ボタン

たったこれだけの手順で終わりです。ネットワーク環境にもよりますが、数十GBの環境をダウンロードするには時間がかかりますのでご注意ください。ただ、管理者がインストール作業などをすることなくさまざまな環境を準備できるので、ぜひうまくご活用いただきたいところです。

Azure Stack用のMarketplaceアイテムの確認

Azure Stack用に用意されているアイテムはAzureのサイトにまとまっているので、Azure Stackをインストールしなくても確認することが可能です。

マイクロソフトのサーバ製品では、次のラインナップがリスト化され、SQL Serverや以前R Serverと呼んでいたMachine Learning Serverなどもあります。

  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2012 / R2
  • Windows Server 2016 (Datacenter、with Container、Server Core)
  • Windows Server, version 1709 with Containers
【注意】
Windows Serverは数年ごとに新機能を搭載してリリースされるWindows Server 2016/Windows Server 2019の流れと、半年ごとに新機能を追加できるWindows Server (Version 1709、Version 1803など)の2系統に分かれましたが、両方ともAzure Stackは対応しています。

* * *

以上、本稿ではAzureとAzure StackのMarketplace連携について解説しました。今回は触れませんでしたが、Marketplaceのアイテムにもいくつかのパターンが見られます。また、Azureと連携するのではなく、自分でAzure StackのMarketplaceにアイテムを追加する場面もあるでしょう。そこで、次回以降も引き続きMarketplaceについて解説したいと思います。

著者紹介

日本マイクロソフト株式会社
高添 修

Windows 10やVDIの世界にいるかと思えばSDNやDevOpsのエンジニアと普通に会話をし、Azure IaaS登場時にはクラウドの先頭にいたかと思えばオンプレミスデータセンターのハードウェアの進化を語るセミナーを開くなど、幅広く活動するマイクロソフト社歴約17年のベテラン。最近は主にAzure Stackをテーマにしたハイブリッドクラウドの普及活動に力を入れている。

連載目次

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3748
2
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [32] Azure Stack IaaSを利用する - 仮想マシンのテンプレート(その2)
前回、Azure Stackにおける「仮想マシンのテンプレート」を運用するには、3つの機能を理解する必要があるとお伝えしました。今回は、そのなかの1つ「OSやアプリケーションがプリインストールされている仮想マシンイメージ - Marketplace」を準備する方法について解説します。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2018/05/0601Azure_002-thumb-600xauto-19278.jpg
前回、Azure Stackにおける「仮想マシンのテンプレート」を運用するには、3つの機能を理解する必要があるとお伝えしました。今回は、そのなかの1つ「OSやアプリケーションがプリインストールされている仮想マシンイメージ - Marketplace」を準備する方法について解説します。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る