NOVAホールディングス、TmaxSoftの「Tibero RDBMS」を導入 [事例]

[2018/04/17 14:55] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本ティーマックスソフト(以下、TmaxSoft)は4月17日、NOVAホールディングスが、IBMのクラウドプラットフォーム「IBM Cloud」上でTmaxSoftのRDBMS「Tibero(ティベロ)RDBMS」を使い、自社システムを仮想化環境に移行したと発表した。

NOVAホールディングスでは、経営部門と情報システム部門が一体となり、次代に向けたシステムづくりに着手。だが、Oracleのライセンス体系を考えた場合、クラウド化することにより、ランニングコストが高くなることがわかった。

そこで、DB移行を含めた検討を進めるなかで、Oracle互換のRDBMSであるTiberoが候補に挙がり、IBM Cloud上で検証を開始。TiberoにバンドルされているDB移行支援ツール「T-Up(ティアップ)」により、事前にOracle DB環境からの移行性を検証できるため、具体的な移行作業や移行コストについての計画が立てやすいなど、スムーズな移行が可能なことがわかったという。

全国で展開する「駅前留学レッスン」の予約やオンラインの「お茶の間留学レッスン」の予約など、膨大なデータを運用するシステムのDB移行は1カ月で済み、その他のアプリケーションの移行作業や検証を含めて、総開発期間は4カ月で完了したとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

富士フイルム、社内システムのインフラに「VMware on IBM Cloud」を採用 [事例]

富士フイルム、社内システムのインフラに「VMware on IBM Cloud」を採用 [事例]

日本IBMは10月25日、富士フイルムが、社内情報システムのインフラ基盤にクラウドサービス「VMware on IBM Cloud」を採用し、同月よりオンプレミス環境からのシステム移行を開始したことを発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る