Azure Stack IaaSを利用する - まずは仮想マシンを作る

【連載】

プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門

【第30回】Azure Stack IaaSを利用する - まずは仮想マシンを作る

[2018/04/03 08:00]高添 修 ブックマーク ブックマーク

クラウド

前回も書いた通り、本連載は今後、Azure Stackが持つ各機能の紹介や利用方法の解説にシフトしていきます。まずはAzure Stack上に仮想マシンを作るところから始めるつもりなのですが、Azure Stackはとても奥深い製品で、1つ1つの画面や項目にそれぞれ意味があり、それらが連動しながら仮想マシンが出来上がっていくため、どう解説しても難しくなってしまいそうです。

そこで、今回は思い切って細かなことを考えるのをやめ、「仮想マシンを作る」ことだけをゴールに解説していきます。もちろん、Azure Stackのさまざまな機能については次回以降で解説していきますのでご安心ください。

細かいことは考えずにAzure Stackポータルで仮想マシンを作ってみる

Azure Stack上で仮想マシンを作るには、まずAzure Stackポータルの左上にある「+ 新規」をクリックします。

Azure Stackポータル画面。左上に「+ 新規」というメニューがある

その後、「Compute」→「Windows Server 2016 Datacenter」→「作成」と順にクリックしていきます。すると、4つの手順から成る仮想マシンの作成画面が表示されるので、必須項目を埋めながら作業を進めていきましょう。

仮想マシンの基本設定画面

最初は基本設定です。仮想マシンの名前、ユーザー名(仮想マシンの管理者名)、パスワード、そしてリソース グループ名の入力が必要になります。必要な情報の入力が済んだら下の「OK」ボタンが有効になるので、これをクリックします。

次に表示されるのは、仮想マシンのサイズ選択画面です。

仮想マシンのサイズ選択画面

お薦めとして3つ候補が出てきますので、そのなかから選択してもいいですし、「すべて表示」をクリックして表示された複数のサイズのなかから選択しても構いません。どれかを選んだ後に「選択」ボタンをクリックすると、次はオプション機能の構成の画面が表示されます。

仮想マシンのオプション画面

オプションとされてはいますが、仮想マシン用のVHDファイルの置き場所や仮想マシンが接続するネットワークの設定などを行えるので、とても重要な画面だと言えます。ただし、必須項目はAzure Stack側で勝手に埋めてくれているので、今回は気にせず「OK」ボタンをクリックして先に進みます。

仮想マシン作成最後の画面

最後の画面に切り替わるタイミングで入力項目の自動検証が行われ、問題なければ仮想マシンを作るための準備は完了です。「OK」ボタンをクリックして、仮想マシンを作成しましょう。

* * *

さて、今回は、Azure Stackで仮想マシンを作るプロセスについて説明しました。ご覧いただいたように、細かいことを気にしなくても仮想マシンを作れるようになっており、しばらくすると作成した仮想マシンに指定したユーザー名とパスワードでログオンすることもできます。セルフサービスは敷居が高いものではないことが、おわかりいただけたのではないでしょうか。この機会に、「仮想マシンは管理者が作るもの」という思い込みを捨てて、「仮想マシンは必要な人が必要な時に作るもの」という認識を持っていただければ幸いです。

次回以降は、今回の作業をエンジニア目線で細かく解説してみたいと思います。お楽しみに!

著者紹介

日本マイクロソフト株式会社
高添 修

Windows 10やVDIの世界にいるかと思えばSDNやDevOpsのエンジニアと普通に会話をし、Azure IaaS登場時にはクラウドの先頭にいたかと思えばオンプレミスデータセンターのハードウェアの進化を語るセミナーを開くなど、幅広く活動するマイクロソフト社歴15年のベテラン。最近は主にAzure Stackをテーマにしたハイブリッドクラウドの普及活動に力を入れている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [1] ハイブリッドクラウド研究会が目指す世界とは?

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [1] ハイブリッドクラウド研究会が目指す世界とは?

パブリッククラウドばかりがもてはやされるなか、多くの企業が中長期的IT戦略に欠かせないと考えているのが「ハイブリッドクラウド」です。このハイブリッドクラウドについて一貫性のある認識を共有し、国内での導入を促進するために、今年2月20日、志を同じくする複数の企業によって「ハイブリッドクラウド研究会」が創設されました。本連載では、同研究会のメンバーが中心となり、…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る