Azure Stackもトライファースト! ~ASDK導入のススメ(パート3)~

【連載】

プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門

【第25回】Azure Stackもトライファースト! ~ASDK導入のススメ(パート3)~

[2017/10/16 08:00]高添 修 ブックマーク ブックマーク

クラウド

連載目次

今回も前回に引き続き、Azure Stackの検証環境である「Azure Stack Development Kit(ASDK)」のセットアップについて解説していきましょう。

まず前回は、ID管理の選択について説明し、「Deploy the Azure Stack Development Kit」というサイトに記載されているASDKのダウンロード手順までを見てきました。その後、ASDKはアップデートされたものがダウンロード可能になり、サイトも「Azure Stack Development Kit のデプロイ」のように日本語化されたものが登場しました (前回の記事に大きな変更はありませんが、ASDKは常に最新版のみダウンロードできるようになるようです)! 

今回は、アップデートされたASDKで最終セットアップの流れを解説します。

ASDKのセットアップ ~最後の準備~

ASDKのダウンロードや圧縮ファイルの展開が終わると、2つのファイルが出来ています。1つは「CloudBuilder.vhdx」という25GB程度の大きなファイル、もう1つはサードパーティ製品やツールの出所とライセンスに関する情報が書かれたテキストファイルです。

まず、ASDKではVHDブートという技術を使ってCloudBuilder.vhdxファイルで物理マシンをブートします。VHDブートが初めてという方もご安心ください。実際の手順はとても簡単で、githubに公開されているASDKインストール用のスクリプト「asdk-installer.ps1」をダウンロードして実行することで、ASDK展開用のツールが起動します。

ASDK展開用のツール

ご覧のとおり、「Prepare for Deployment」と書かれているので、最終の準備中であることがわかります。このツールのなかで、ローカルの管理者ユーザーやコンピュータ名の設定、ブート用のCloudBuilder.vhdxファイルの選択、(必要に応じて)物理マシンのドライバーの追加などのいくつかのオプションの設定を行うことができます。一通りの作業が終わったら、「Reboot Now」をクリックして物理サーバのVHDブートを行いましょう。

ASDKのセットアップはとうとう本番へ

物理マシンがリブートしてCloudBuilder.vhdxファイルから立ち上がってきます。リブートが終わった後も、同じツールが皆さんをAzure Stackの世界に導いてくれるので、再度asdk-installer.ps1を実行します。

リブート後の画面

管理者としてのAzure ADユーザー設定やホストのネットワーク設定なども、この画面から行うことができます。画面に従い、一通り情報入力が終わったら、後は「Deploy」ボタンをクリックするだけです。

一通り情報入力が終わったら、「Deploy」ボタンをクリック

数時間後、「’Deployment’ completed」と表示されればセットアップ完了です。

セットアップ完了画面

Azure Stackホストにログオンし、ポータルにアクセスすれば、Azure Stackが動いていることを確認できるはずです。ホストへのログオン、Azure Stack管理者ポータルにアクセスするためのAzure ADのIDやパスワードなど、後でわからなくならないように事前に整理しておくとよいでしょう。

余談ですが、環境によってはたまにセットアップが途中で失敗することがあります。その場合、最初からやり直してもよいのですが、まずはInstallAzureStackPOC.ps1の-Rerunスイッチを試してみてください。途中から再処理を開始してくれるので、最初からやり直すよりも早く「Completed」までたどり着けるかもしれません。

* * *

さて、第23回から3回に分けてASDKという検証環境の導入に関する解説を行ってきました。次回は、マイクロソフトが北米で開催する大型イベント「Microsoft Ignite」で発表される内容など、最新情報をお知らせします。お楽しみに。

著者紹介

日本マイクロソフト株式会社
高添 修

Windows 10やVDIの世界にいるかと思えばSDNやDevOpsのエンジニアと普通に会話をし、Azure IaaS登場時にはクラウドの先頭にいたかと思えばオンプレミスデータセンターのハードウェアの進化を語るセミナーを開くなど、幅広く活動するマイクロソフト社歴15年のベテラン。最近は主にAzure Stackをテーマにしたハイブリッドクラウドの普及活動に力を入れている。

連載目次

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3119
2
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [25] Azure Stackもトライファースト! ~ASDK導入のススメ(パート3)~
今回も前回に引き続き、Azure Stackの検証環境である「Azure Stack Development Kit(ASDK)」のセットアップについて解説していきましょう。まず前回は、ID管理の選択について説明し、「Deploy the Azure Stack Development Kit」というサイトに記載されているASDKのダウンロード手順までを見てきました。今回は最終セットアップの流れを解説します。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/09/Azure25_003-thumb-400xauto-14514.jpg
今回も前回に引き続き、Azure Stackの検証環境である「Azure Stack Development Kit(ASDK)」のセットアップについて解説していきましょう。まず前回は、ID管理の選択について説明し、「Deploy the Azure Stack Development Kit」というサイトに記載されているASDKのダウンロード手順までを見てきました。今回は最終セットアップの流れを解説します。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る