ソラコム、米国でのサービス提供開始と新サービス「SORACOM Harvest」を発表

[2016/11/30 09:00] ブックマーク ブックマーク

データ収集・蓄積をより手軽に - ソラコムが放つ新サービス

発表会ではもう1つ、SORACOMの新サービス「SORACOM Harvest」の提供開始が発表された。

「SORACOMは便利だが、新しいIoT端末を試したいときサーバやストレージを用意するのにはひと手間かかる」――玉川氏は、こうした顧客の声を「もっと手軽にデータを収集・蓄積できないか」というニーズだと受け取った。

SORACOM Harvestでは、SORACOM Airを挿したIoTデバイスからセンサーデータや位置情報などを収集し、クラウド上のSORACOMプラットフォームにUTC基準で40日間保存することができる。利用者側がサーバなどを別途用意する必要はない。

グループの中にSIMを追加し、Harvestの設定をONにするとエントリポイントが提供されるので、そこに端末からデータを送信すればSORACOMに蓄積される

収集されたデータには受信時刻やSIMのIDが自動的に付与され、SORACOMのユーザーコンソール内で可視化・グラフ化できるほか、APIを通じて取得することも可能となっている。現状、1回に送信できるデータサイズの最大値は1KBで、位置情報や気温・湿度など、細かいデータを扱うことを想定しているという。

データを見るには、SIM一覧の操作メニューに新たに追加された「データを確認」を選択する

入力は任意の形式(テキスト・バイナリ)が可能だが、コンソールで可視化する際はJSONとなる

より本格的なデータ収集・分析を行いたい場合は、データをAPI取得して転送するか、SORACOMのデータ転送支援サービス「Beam」やクラウドアダプタ「Funnel」、プライベート接続サービス「Canal」などを通じて他のクラウドやストレージにデータを移行し、データ分析基盤を構築するといった使い方も可能だ。

利用料金は、SIM1枚あたり1日5円。これには1日2,000回の書き込み料金が含まれており、2,000回を超えた場合は、1リクエストあたり0.004円が加算される。1アカウントにつき、SIM1枚分は1日5円の利用料が無料になる枠が提供される。

「顧客にとっていちばん良いもの、刺さるものを出していきたい。『もし便利だったら使ってください』というスタンスでいます」と玉川氏は語る。

一般に、新サービス・製品がリリースされる際は、販売目標が宣言されることが多い。だが、ソラコムでは「販売目標を立てると売りたいほうが先立ち、良いものを作るところから遠ざかってしまう」と考える。そのため、「新しいサービスを提供する際は販売目標を設定しない」(玉川氏)と説明した。

なお今回、米国においてSORACOMのサービス提供が開始されたことに合わせ、SORACOM Harvestも日米同時に提供を開始するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Web申し込みで1回線基本料1日10円~ - KDDIとソラコムのIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」

Web申し込みで1回線基本料1日10円~ - KDDIとソラコムのIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」

KDDIとソラコムは10月19日、両社が共同で開発したIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」を12月より提供すると発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る