グラスター、自動車ガラス修理現場にクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入 [事例]

[2016/11/24 17:50] ブックマーク ブックマーク

クラウド

レッドフォックスは11月24日、自動車のガラス修理・交換サービスなどを提供するグラスターが、位置情報を活用したクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入したと発表した。

グラスターでは、修理内容の把握やエンジニアへの作業割り振りに作業管理システムを使用していた。だが、システムのレスポンスが悪く、入力作業に時間がかかるため、一度に多くの修理依頼を受けられないことが課題となっていた。

また、エンジニアが作業内容を確認・完了報告するには紙の伝票を使うしかないことや、管理者はその報告を受けた後に作業状況情報を更新するためにリアルタイム性に欠けるという問題があった。

cyzenの導入後は、案件の登録や割り振りの入力作業の効率が向上し、作業管理の負担が軽減。これにより、現状のエンジニアの数で対応できる案件数が増えたとしている。また、作業を割り振られるエンジニア側では、スマートフォン上で依頼内容を確認したり、作業報告したりすることができるようになり、業務の効率化につながったという。

cyzenでは、作業報告を一元管理してスマートフォン上で共有できるため、修理技術や知識・ノウハウを蓄積することで、若手エンジニアへの修理技術伝承や人材育成に役立つことが期待できるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2126
2
グラスター、自動車ガラス修理現場にクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入 [事例]
レッドフォックスは11月24日、自動車のガラス修理・交換サービスなどを提供するグラスターが、位置情報を活用したクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
レッドフォックスは11月24日、自動車のガラス修理・交換サービスなどを提供するグラスターが、位置情報を活用したクラウド型CRM/SFA「cyzen」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る