ソフトバンク・ペイメント・サービス、クラウド型データ統合ツール「uSonar」を導入 [事例]

[2016/10/19 18:50] ブックマーク ブックマーク

ランドスケイプは10月18日、ソフトバンク・ペイメント・サービスがセールスフォース・ドットコムのクラウドサービス「Sales Cloud」と連携するクラウド型データ統合ツール「uSonar(ユーソナー)」を導入したと発表した。

ソフトバンク・ペイメント・サービスは、かねてより営業効率の向上のためにSales Cloudを導入し、顧客情報を管理していた。しかし、顧客情報は名刺やWeb問い合わせフォーム、販売管理システムなど、複数のチャネルから登録されるため、データを管理・統合する上で課題を抱えていたのだという。

uSonarの導入により、Sales Cloud上に登録される顧客情報を企業単位で一元化できるようになった。さまざまなチャネルから登録されるデータを企業単位で自動統合できるため、管理負荷が軽減されたほか、顧客情報に企業属性を付与することで接点のある企業の傾向や、接点のない企業を可視化。営業活動の状況を正確に把握できるようになり、活動の効率化と質を向上させる環境が整ったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

立命館大学、ベリタスの統合型バックアップアプライアンスを採用 [事例]

立命館大学、ベリタスの統合型バックアップアプライアンスを採用 [事例]

ベリタステクノロジーズは10月18日、立命館大学が統合型バックアップアプライアンス「Veritas NetBackup Appliance」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る