セールスフォースとAWSが協業、PaaS分野の開拓目指す

[2016/10/14 12:07]徳原大 ブックマーク ブックマーク

セールスフォース・ドットコムとアマゾンウェブサービスジャパンは10月14日、両社の協力体制の強化を発表した。市場環境にあわせて日本法人が主体となった取り組みだが、「米本社からもコミットメントをもらっている」(セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 アライアンス本部 本部長 手島 主税氏)と後ろ盾も得ている。

協業のポイントは?

セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 アライアンス本部 本部長 手島 主税氏(左)とアマゾンウェブサービスジャパン パートナーアライアンス本部 本部長 今野 芳弘氏(右)

協力体制によるポイントは以下の4点。

  1. リファレンスアーキテクチャを開発する両社エンジニアによるクラウドデザインセンター(CDC)の設置
  2. ベストプラクティスを両社パートナーエコシステムへ展開
  3. AWSをプラットフォームとする「Heroku」を軸とした営業協力
  4. 共同マーケティングの実施

CDCでは、両社5名ずつ、10名のエンジニアを配してリファレンスアーキテクチャを開発する。10名を通して両社のその他エンジニアもアーキテクチャは共有していくという。

続くベストプラクティスでは、両社プラットフォームを活用した事例をパートナー各社に展開し、販路拡大を狙う。「すでにアライアンスを組んでいるパートナーの中でも『しっかりと融合モデルに取り組みたい』という会社を募り、支援していきたいと考えている」(アマゾンウェブサービスジャパン パートナーアライアンス本部 本部長 今野 芳弘氏)。

セールスフォースのHerokuについては、すでにAWS上でインフラが構築されていることから、この商品を起点に営業協力を行っていく。東京リージョンにおいてもサービス展開しており、「IoTデータをCRMに繋ぎこんだり、逆に顧客データをB2Cに還元したりと自由な設計が可能になる。スケーラブルにアプリケーション開発も可能で、セールスフォースをうまくサポートしていきたい」(今野氏)としている。

共同マーケティングでは、クラウドのメリット訴求が行き届いていない面もあることから、セミナーやトレーニング機会を共同で設けるほか、AWS Summit、Salesforce World Tour Tokyoなどで相互にマーケティング活動を進めていくという。

両社への顧客のニーズと協業による解決案

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】 AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます 【第1回】セキュリティの抜け穴を防ぐ「Azure Security Center」とは?(前編)

【連載】 AzureとOffice 365のセキュリティ、MS ゆりか先生が教えます 【第1回】セキュリティの抜け穴を防ぐ「Azure Security Center」とは?(前編)

クラウドサービスを「一部でも導入している」と回答した企業の割合をご存知でしょうか?

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る