山根木材、顧客データの共有とソーシャルメディア活用にクラウドを導入 [事例]

[2016/07/20 18:55] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本オラクルは7月20日、ヤマネホールディングス(以下、山根木材)が、オラクルの顧客管理・営業支援クラウド「Oracle Sales Cloud」およびソーシャル・メディア管理クラウド「Oracle Social Cloud」を採用したと発表した。

山根木材は、主に広島・福岡を拠点に展開する老舗住宅メーカー。グループ6社では、新築住宅の建築や住宅リフォーム、戸建住宅のメンテナンスなどのサービスを提供している。

これまで、各グループ会社で異なる顧客管理システムを利用していたため、グループ全体で顧客情報を共有できないことが課題となっていた。また、近年家を建てる世代はインターネットを活用して情報収集した上で展示場に足を運ぶなど購買行動が変化しており、対応を検討していたという。

今回、営業部員が外出先からモバイル端末を介して商談や活動情報の入力・確認などを容易にできる点を評価し、Oracle Sales Cloudの採用を決定。また、Oracle Social Cloudに関しては、ソーシャル・メディア上で投稿されている情報を収集する機能だけでなく、自社の投稿管理も可能な点を評価したとしている。

同社は、将来的にデジタルマーケティングの実施を計画しており、マーケティング業務向けクラウド・アプリケーション製品群「Oracle Marketing Cloud」の導入も視野に入れているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本トムソン、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 事業計画策定を効率化 [事例]

日本トムソン、オラクルの予算管理クラウドを採用 - 事業計画策定を効率化 [事例]

日本オラクルは7月14日、ベアリングメーカーの日本トムソンが会計・経営管理システム構築のため、オラクルのクラウド型予算管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る